ハワイ(ホノルル)現地時間
5/24(木)11:44
Vol.33
ハワイに住む表紙・「ハワイに住む」夢を「話題のコンドミニアム」で叶えた人たち
ご自宅を拝見しながらインタビューしました。
・大人の女性がリピートしてしまう理由
ハワイでドレスアップして出かけたい!ための6店
・オアフ島の高架鉄道プロジェクト 2025年に完成!etc.
バックナンバー集へ
編集部ブログ
2017.09.13

カマイエアカデミーが太陽光発電システムを設置

オアフ島のワイアナエ沿岸にある公立チャータースクールのカマイエアカデミーは、屋上に太陽光発電システムを設置し、今後20年間で推定120万ドルの費用を削減する見込みと発表した。

マウイ島に本拠を置くハワイ・パシフィック・ソーラー社は、学校に267.4キロワットのシステムを設置したと発表した。
このシステムは955枚のソーラーパネルと8台のインバータで構成されており、約354,000キロワットの電力を生産する予定。

ハワイ・パシフィック・ソーラー社によると、太陽光発電システムは約245トンの二酸化炭素が大気中に入るのを防ぐことが可能であると述べた。

カマイエアカデミーの准教授であるポール氏は「私たちは、ハワイ・パシフィック・ソーラー社とこのプロジェクトに関する教育局とのパートナーシップに非常に感謝しています。私たちの学校のコスト削減は、学習をより支援ことが可能になります。」と述べた。

ハワイ・パシフィック・ソーラー社の社長兼CEOのボブ氏は、「太陽光発電システムは、ハワイの持続可能性目標達成に非常に重要だ。他の用途に必要な資金を節約し、子供に代替エネルギーを教える手助けをしていることを、非常にうれしく思います」と述べた。

2010年に、ハワイ・パシフィック・ソーラー社は州のアメリカ合衆国エネルギー省から4つの学校に太陽光発電システムを設置する契約をしていたが、現在はこのプロジェクトは約30の州立学校に拡大されている。

その他の記事