ハワイ(ホノルル)現地時間
7/17(火)05:49
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2018.07.06

世界初、ハワイ州が有害物質を含んだ日焼け止め販売禁止へ

イゲ知事は、サンゴ礁への有害性が指摘される物質を含んだ日焼け止めの販売を禁じる法案に署名した。
これは世界初の試みとなるという。2021年1月1日より発効となる。

販売禁止となるのは、紫外線吸収剤の「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」が含まれる日焼け止め。
サンゴ礁の白化などの原因になったり、遺伝子の損傷を引き起こす一因になっていると一部の研究者が指摘していた。
この法案は5月に議会で可決されていたもの。

この2つの成分は3500種類以上の製品に含まれており、ハワイのお店などで広く販売されているという。

ただ医師の処方によるものは対象外となる。観光客が持ち込んだ日焼け止めは規制できないが、
ハワイ州はサンゴ礁への有害性を伝えていきたいとしている。

その他の記事