ハワイ(ホノルル)現地時間
7/17(火)05:45
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2015.05.11

4月のマウイ島の住宅価格、販売戸数ともにほぼ変動なし

4月のマウイ島のシングルファミリータイプ戸建て住宅の中間価格は57万5,000ドルで前年同月の58万3,000ドルから1パーセント減、販売戸数は85戸で前年同月の84戸から1戸減、コンドミニアムの中間価格は40万7,500戸で前年同月の40万3,500ドルから1パーセントの落ち込み、販売戸数は104戸(うちラナイ1戸、モロカイ1戸)で前年同月の136戸から23パーセントのダウンとなったことがマウイ不動産協会の調べで分かった。

マウイ不動産協会のチーフ・スタッフ・エグゼクティブであるテリー・トルマン氏は、「在庫が増加する(ハイシーズンの)冬季にあたる過去数ヶ月間は、毎月の戸建ておよびコンドミニアムの販売数が上下の変動を続けている」、「カナダの投資家はマウイ島市場において大きな割合を占めているものの、現在のカナダドルのレートは買いではなく売りの時期と言える」と木曜に発表された報告書で述べた。

今年1月から4月におけるマウイ島におけるコンドミニアムの中間価格は43万9,238ドルで前年の同時期の40万4,375ドルに比べて8パーセントの上昇を記録しているものの、販売戸数は前年の446戸から404戸と9パーセント減となった。シングルファミリータイプ戸建ての中間価格は58万6,000ドルで前年同月の58万5,000ドルからほぼ変動なし、販売戸数は前年の279戸から305戸と9パーセントの増加となった。

その他の記事