ハワイ(ホノルル)現地時間
9/23(日)20:47
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2014.02.20

ハワイカイリッジの広大な敷地が1,200万ドルで売り出し中

ピナクル・リッジLLCがハワイカイ地区カメハメリッジに所有する15エーカーの敷地が1,200万ドルで売りに出されていることがCBREハワイのリスティングで明らかになった。

ピナクルリッジLLCは、カリフォルニアにあるマリン銀行の役員スチュアート・ラムと同じくカリフォルニアのRpaigeウォッチの4代目オーナー、リチャード・ペイジによって運営されており、同社は2011年に390万ドルでこの土地を購入している。

カメハメドライブの上部に位置する同敷地はココヘッドクレーターを見上げる16.4エーカーからなっており、うち15.3エーカーはシングル・ファミリー・ホーム建設用地、残りは保存用地に指定されている。ハワイカイでは最後の未開発の主な尾根のため、非常に価値が高いとされる。今回のリスティングではシングル・ファミリー・ホーム建設用地を一区分0.5エーカーの住宅建設用地34区分に分割する提案が含まれている。州納税記録による同敷地の総資産価値は170万ドル。

その他の記事