ハワイ(ホノルル)現地時間
9/23(日)20:48
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2014.01.16

エリソン氏のプラマ・ラナイが建設労働者ホットラインを開設

ラナイ島の大部分を所有するラリー・エリソン氏がラナイ島内で行なわれる新プロジェクトのために設立したプラマ・ラナイ(旧ラナイ・リゾート)が、同島で進行中のプロジェクトのための「建設労働者ホッライン」を開設したことをこの度同社ウエブサイトで公表した。このホットラインは、ラナイ島住人が同島で建設工事を行なう労働者や請負業者による違法もしくは無秩序な行為を目撃した場合、通報される目的に使われるという。

ラナイ島のプロジェクトに関わる建設業者の監督役もしくはマネージャーは、社会文化や同島で取るべき行動についてのオリエンテーションに参加することが義務付けられている。

現在、ラナイ島で計画中のプロジェクトには236室のフォーシーズンズ・リゾート・ラナイ・アット・マネレ・ベイの数百万ドルを投じた大規模な改装工事がある。

さらに、ラナイ島の建設プロジェクトに携わるコロラドの建設業者ヘンセイ・フェルプスは、マウイ島までをつなぐラナイ島唯一のフェリーを、同社の労働者を運ぶためのチャーター便として利用したいと述べているという。

その他の記事