ハワイ(ホノルル)現地時間
7/17(火)05:47
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2012.10.02

カーメル・パートナーズが集合住宅コミュニティ購入に備え資金調達

先日、オアフ島にある賃貸専用居住コミュニティ「ザ・ウォーターフロント・アット・プウロア」を購入したばかりのカーメル・パートナーズが、ハワイ州内での更なる不動産物件購入のため8.2億ドルの不動産投資ファンドの調達に成功したと月曜に発表した。サンフランシスコに本拠を置く同社は、この種の集合住宅コミュニティは需要は高いが壁も多く、参入が非常に難しい市場ではあるものの、今後もビジネス拡張を展開していくと語っている。

 同社は8月に3.11億ドルでオアフ島エヴァにある1,461戸を有する元海軍住宅コミュニティ、ザ・ウォーターフロント・アット・プウロアを購入後、オアフ島内で同タイプの物件を探していた。

 今回の不動産投資ファンドによる資金調達に当たり、「既存の26名の投資家に加え、新しく加わった17名の投資家から充分なサポートを得られ、我等は一流の投資家基盤を持っている」と同社の創立者兼CEOのロン・ゼフ氏は声明文で述べている。

 同社はザ・ウォーターフロント・アット・プウロアのほかにも106戸を有するワヒアワのパルムス・オブ・キラニ、500戸以上を有するカラエロアにある元海軍住宅コミュニティ、そしてホノルルダウンタウンそばのククイ・ガーデンの一部だったワエナ・アパートメントを所有している。


その他の記事