ハワイ(ホノルル)現地時間
7/17(火)05:48
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2012.07.23

ハワイ大学の元バスケット・コーチが教員として復職

 ハワイ大学の元バスケット・ボール・コーチのジャクソン・ウィーラー氏が、ハワイ大学マノア校に教員として復職することが明らかになった。同氏は長年ハワイ大学の男子バスケット・ボール準ヘッドコーチを務めた人物で、今回、教鞭をとることになったのは運動学と体育学。今年の8月からは、現在行っている不動産業とハワイ大学職員の二足のわらじを履くことになる。同氏が所属するのは、コールドウエル・バンカー・パフィシック・プロパティで、8月以降も全米リアルター協会加入のリアルターアソシエイトとして不動産の販売を続ける予定。

 ハワイ大学コーチ時代にライリー・ウォレスとボブ・ナッシュ体制を計20年以上過ごした同氏は、「体育学部長は知り合いなので、これは絶好の機会のように思えた。」と今回の復職について語った。コーチの職について質問されると、コーチ時代は楽しかったが、懐かしいとは思わないとも語っている。とは言え、同氏がコ・ホスト役を務めるホノルルに拠点を置くスポーツラジオ局ESPN 1420の人気ラジオ番組「hoopstalk」では、同氏のコーチ時代のチームについて自由に意見を述べるなどして、まだ関心を寄せている様子も伺われる。

 また、コーチ時代の同僚であるナッシュ氏とウォレス氏とは、昼食を一緒にとるなどして頻繁に会っているという。「私達の絆は未だにとても強い。」、「ハワイ大学が私達全てにしてくれたことに感謝しています。」と語った。

その他の記事