ハワイ(ホノルル)現地時間
2/20(火)01:04
Vol.32 [2018/1/16-2018/4/15]
ハワイに住む表紙・キーパーソンに聞く2018年
 ハワイ経済はどうなる
・今買える超高級ペントハウス
 カタログ
・ハワイに戻ると必ず立ち寄るお店
 大人の女性がリピートしてしまう理由
・指圧・あん摩・整体の
 プロフェッショナルを探す
バックナンバー集へ
編集部ブログ
オススメ記事
不動産・別荘・バケレン
移住・暮らし快適サービス
弁護士・会計士・専門家
金融・投資・保険
叶えた人たち
ハワイヨガ体験記・風を切って走ろう
ハワイの未来を創り出すキーパーソン
"ハワイ在住ママたち"が語る

西オアフ / コオリナ
レストラン・ノエ
RESTAURANT NOE
☎808-679-0079

 南イタリア料理を提供するフォーシーズンズ•リゾート•オアフ・アット・コオリナのレストラン「NOE」の顔は、若くしてイタリアに渡りローマの2つ星「パリアッチョ」や多くの店で土地ごとのイタリアの味を10年間かけて体得した高塚良シェフ。6年間勤めたヴェローナの2つ星「ペルペッリーニ」ではセコンドシェフを、日本では「リストランテ山崎」の5代目シェフを務め昨年5月にここ「NOE」のシェフに就任した。
 骨を全て外したスズキ、とろけるほどに煮込んだラグーなど、味わうことを楽しんでもらうために丹精込めた料理に合わせたのは、イタリアでもトップクラスのワインメーカー、アンティノリの白と赤。白は料理の地域色に合わせウンブリア州のワイン「チェルヴァロ・デラ・サラ」。アンティノリがブルゴーニュのモンラッシェを目指して長期熟成を可能にし、軽めが主流だったイタリア白ワインの概念を変えた逸品だ。赤はトスカーナの「ティニャネロ」。サンジョヴェーゼを使い凝縮感もエレガントさも楽しめるスーパータスカンは本田氏お気に入りの銘柄。「せっかくの美味しいイタリア料理にはイタリアワインを」と結んだ。
※下記画像をクリックすると大きくなります。

子牛のミラネーゼ(写真左)は肉の筋を丁寧に切り薄く伸ばして本物のミラノの味を楽しませてくれる一品。ホテルオープンからまだ一年未満であるにもかかわらず、「NOE」で食すお気に入りの一皿を目当てに訪れるアメリカ本土からのリピートゲストたちも少なくない。

92-1001 Olani St. Kapolei
(フォーシーズンズ・リゾート・オアフ・アット・コオリナ)
☎ 808-679-0079
x 17:00~21:00(水〜日)
v 月曜・火曜
http://www.fourseasons.com/oahu/dining/restaurants/noe/
  • 聞き手:本田直之
    レバレッジコンサルティング(株)代表取締役CEO。日米のベンチャー企業への投資・育成事業を行う。著書は累計250万部。近著は本田さんをはじめ5名のグルメ・エキスパートが192店を紹介する今までにない究極のレストランガイド。『ハワイ ベストレストラン2015』(エイ出版刊)。日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
2017/04/15発行 ハワイに住む掲載記事