ハワイ(ホノルル)現地時間
7/27(木)08:50
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
オススメ記事
不動産・別荘・バケレン
移住・暮らし快適サービス
弁護士・会計士・専門家
金融・投資・保険
叶えた人たち
ハワイヨガ体験記・風を切って走ろう
ハワイの未来を創り出すキーパーソン
"ハワイ在住ママたち"が語る

ホノルル/ワイキキ
ウルフギャング・ステーキハウス
Wolfgang's Steakhouse by Wolfgang Zwiener

 大皿の上でまだジュージューと焼き音をほとばしらせている肉厚なステーキこそ、ワイキキでその名も味をも轟かせるポーターハウスステーキ。最高級品質のプライムビーフを、湿度調整された熟成室で28日間じっくり乾燥熟成させてから焼き上げる。ドライエイジドビーフ、その凝縮された肉の旨味を充分に楽しむために美酒は欠かせない。
 この極上のステーキを堪能するために本田氏が選んだワインは二本。「パリ対決」で並みいるボルドーのトップシャトーを退け1位に輝くという偉業をなし遂げ、カリフォルニアワインの評価を高めたワイナリー、スタッグス・リープ・ワインセラーズの、カベルネソーヴィニヨン「アルテミス」。そしてもう一本はカリフォルニアワインの中でも良いカベルネが飲みたいときにお勧めしたいと語る、本田氏も訪れたことのあるワイナリー、シルバー・オークのナパヴァレー2008。
 カリフォルニアワインのカベルネは口当たりがリッチで濃厚なものが多い。ワインが濃すぎるとせっかくの肉の旨味が飛ばされてしまう。しかしこの二本は違う。充分にステーキの旨味を堪能させてくれるはずだ。
※下記画像をクリックすると大きくなります。
2301 Kalakaua Ave.
ロイヤル・ハワイアン・センターC館3階
☎(808)922-3600
x日~木曜/11:00~22:30
金・土曜/11:30~23:30
v無休  セルフパーキング
www.wolfgangssteakhouse.net
  • 聞き手:本田直之
    レバレッジコンサルティング(株)代表取締役CEO。日米のベンチャー企業への投資・育成事業を行う。著書は累計200万部。近著は究極のうまいハワイを紹介する『本田直之のハワイグルメコンシェルジュ』(エイ出版社刊)。日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
2014/1/16発行 ハワイに住む掲載記事