「ハワイロア・リッジ」ハワイ最高峰のゲーティッドコミュニティの魅力をグラハム・あきら・ティングさんが解説

更新日 2020.03.19

ハワイの別荘オーナーたちが頼りにする不動産エージェントが、ハワイアン・ドリーム・インベストメント・プロパティーズ社のグラハム・ティングさん。
今日は、グラハムさんがリスティングエージェント(売出担当エージェント)として手掛けている「ハワイロアリッジ」の豪邸をご紹介する。またなぜ「ハワイロア・リッジ」がここまで特別な別荘地と呼ばれるのか?を伺った。グラハムさん自身もお住まいになっていたことがあり、アメニティなども含めてその魅力を良くご存じの一人。 
 

元会計事務所出身で、
投資・資産運用にも明るい
グラハムさん

ハワイロアリッジの邸宅、息をのむオーシャンビュー!

まずは、百聞は一見に如かず。この物件の玄関から、メインのリビングへ入っていく映像を見て頂こう。のちほど、この物件の詳細はじっくりご紹介する。 

ワイキキからカハラを越えてハワイカイへ向かう途中の山の斜面に沿って、およそ550軒の豪邸が立ち並ぶハワイロアリッジ。アメリカでは「ゲーティッドコミュニティ」と呼ばれるタイプの高級住宅地だ。入り口にセキュリティゲートがあり、一般人は立ち入れない仕様となっており、コミュニティの中の安全が守られている。このゲーティッドコミュニティの中でもハワイ最高峰としてよく知られるのがこの「ハワイロアリッジ」。ハワイの名士や、世界的なセレブリティたちが好んで住んできた場所でもある。物件は$2-10ミリオンの物件、300㎡―数千㎡越えのものまで。ハリウッド並みのラグジュアリーさを誇る。


「ハワイロアリッジ」はなぜ、ハワイ最高峰と呼ばれているのか? その魅力とは? 

グラハムさんに聞く!「ハワイロアリッジ」の魅力

 

魅力その1 ”ハワイロアリッジ”に住むというステイタス

グラハムさん:
 私はカハラにあるワイアラエカントリークラブの会員なのですが、ワイアラエの会員の中にもハワイロアリッジにお住まいの方がたくさんいらっしゃいますね。メ会員同士の会話の中で、ハワイロア・リッジに住んでいるという方がいると「おお、ハワイロア・リッジですか」といった感じで、一目置かれ、別格扱いされます。なぜなら昔から、ハワイの経済界・政界などで力を持つ方たちや地元の名士の方に選ばれてきた場所が「ハワイロア・リッジ」だからです。

 そのくらいハワイの中で、一発で名前が通じる知名度があり、そこに住むステイタスが確立している数少ない場所と言えます。 


 

ハワイロアリッジ
住民専用のクラブハウス
「リッジクラブ」での
社交も盛ん。​​​
​​​​​この日もパーティが行われていた。

魅力その2 ”高台から見晴らすオーシャンビュー” 

グラハムさん:
ハワイロアリッジの入り口から、この高台にある家までは車でも約7分ほどかかります。それほど高く上ってくるからこそ、この息をのむオーシャンビューが待っています。コンドミニアムの高層階とは比べ物にならないダイナミックなビューです。水平線は高く、太平洋を見渡すように長く広がります。このオーシャンビューこそ、斜面を活かしつつ、それぞれの家のビューを遮らないように建設されたハワイロアリッジならではの魅力です。

リビングからの眺め

ハワイロア・リッジの敷地内は、ゆるやかなカーブの続く坂道となっていて、どのストリートを下りてきても素晴らしいビューを味わえる。下界よりも気温も1-2度低く、暑い日でもさわやかな風が流れている。人口密度も低いため、時間の流れも、空間もすべてゆったり。

どこのストリートを通っても、
素晴らしい​​​​​風景が広がる
前出のクラブハウスからの眺め

魅力その3 ”鉄壁のセキュリティとプライバシー”

グラハムさん:
 ハワイロアリッジに入るには、24時間監視カメラ付きのセキュリティゲートを必ず通る必要があります。登録されている住民以外の車は、必ずドライバーの顔写真付き身分証明を提出し、コピーを取るほど厳重に人や車の出入りを管理しています。それゆえ、プライバシーを重んじる日本の芸能人の方などもこのハワイロアリッジを選ばれてきました。
  また、一時間に一回、セキュリティの車がハワイロアリッジ内を巡回しています。このため、不審者や不審物、またゴミの捨て方なども厳しくチェックされ、セキュリティレベルはハワイの中でも最高に厳しい基準で守られています。カハラなどの高級住宅地でも意外と外から様子が見えるなどセキュリティ面では堅牢ではない家も多く、コンドミニアムではエレベーターで誰かと乗り合わせる可能性もあります。ご家族の安全を重んじる方にとっては、これ以上ない安心感だと思います。

 

魅力その4 ”厳しくマネジメントされた建築と街並み” 

グラハムさん:ハワイロアリッジの邸宅は、すべて建築家が設計した注文住宅、カスタムデザインホームとなっています。そして、家を建てる場合にはすべてコミュニティでの承認が必要です。木を一本切るのも承認が必要なほど、コミュニティ全体の美観を守ることには厳しいのです。また住民もゴミ捨てルールなどコミュニティルール遵守を求められます。それらすべてが、この「ハワイロア・リッジ」の価値を守り、ブランドを高めることにつながっているのです。

また、アメニティとして複数のテニスコートや、公園なども中心部にあり、住民家族が安全にのびのび暮らしを楽しめる。

ハワイロアリッジ $3,200,000
559 Moaniala Street, Honolulu HI 96821

グラハムさんが売出を担当している物件の詳細をもう少しご紹介しよう。


 

4ベッドルーム/5バスルームという大きな邸宅。
白壁に赤茶色の瓦屋根、南欧風のデザインが、青い空と海に映える。

ハワイロアリッジ 豪邸

入口を入ってすぐのリビングルームは、プールへ、そしてその先のオーシャンビューへとつながる。これに魅了されない人はいないだろう。

ハワイロアリッジ 豪邸

ハワイロアリッジ 豪邸


リビングルームは、籐家具など、バリ風リゾートホテルの雰囲気でまとめた。

こちらがマスターベッドルーム。4ベッドルームで約400㎡という室内面積。各部屋の独立性が高く、静かに過ごせる。

ハワイロアリッジ 豪邸

​ ​
マスターバスルームは、ゆったりとした作り。



こちらはゲスト用ベッドルーム。お部屋によって少しずつインテリアのテーマが異なるが、すべて家具付きでの販売とのこと。

ハワイロアリッジ 豪邸

ハワイロアリッジ 豪邸




ハワイロアリッジに住む、ステイタス。
このビューが目の前に広がる暮らしは、選ばれた人だけの特権だ。



グラハムさんのお話を伺って、やはり長くそのブランドを確立してきたゲーティッドコミュニティには、それを維持するための厳しいルールや、住民の意識の高さあってのことなのだと実感した。

ハワイの中でも稀有な存在感を放つ「ハワイロア・リッジ」にご興味を持たれた方、
内見のお申込み・お問合せは
グラハム・あきら・ティングさんへどうぞ! 



 

この売出中物件の詳細はこちらから>


(*リンク先が表示されない場合、売約済またはステータス変更が考えられます) 

 

あわせて読みたい>>
グラハムさんへのインタビュー記事


関連キーワード

各カテゴリーのお知らせを見る

不動産会社・
エージェントにお問合せ
閉じる