ハワイで携帯電話の契約をする

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • メール

ハワイで携帯電話の契約をする

更新日 2018.09.30

暮らしに欠かせなくなった携帯電話。ハワイでも携帯電話があるとハワイ州内・米国内にいる友人などに電話する際や、ビジネスの際に便利です。ここではハワイの携帯電話サービスの利用方法やサービスプラン、契約方法などをお伝えします。

ハワイ(アメリカ)の携帯電話を持つべき理由

ハワイに移住したばかりの日本人は、日本で使用していた携帯電話および電話番号をそのまま持参することが多いようです。しかしハワイ州内・米国内のビジネスや知人・友人などに電話する際、日本の番号のままだと国際電話扱いになり現地の人が電話がかけにくく、また銀行や学校で電話番号の登録ができないなど、生活上様々な不便が出てきます。

またハワイ在住者は、州外からの電話を取らない人も多いため、ハワイに長期間生活する場合は州内で携帯電話の契約を行い、地元の電話番号を使いましょう。 

ただし、米国でクレジットヒストリー(経済的信用性)がなくソーシャルセキュリティーナンバー(SSN)未取得の場合、一般の携帯電話会社と利用契約を交わすことは困難ですので、以下の方法がお薦めです。 

契約なしのサービスプランを利用する 

毎月の契約ができない場合は、モバイル会社各社が打ち出す「契約なし(No Contract)」のサービスプラン利用を考慮しましょう。

ハワイではウォルマート(Walmart)やターゲット(Target)など、大型販売店が代理店を務める場合も多く、様々なプランを比較して選ぶことが出来ます。しかし契約は英語で、またトラブルがあってもクレーム対応などを全て英語で行う必要があります。

契約なしプランの場合、1ヶ月間のサービス料金を毎月支払って月々のサービスを受けます。この場合、支払い期限を過ぎるとサービスがストップしますので注意しましょう。代理店では、その場で携帯電話機を購入して自分のニーズに合うプランを選び、すぐに使用することが出来ます。日本から持参したiPhoneなどのスマートフォンやSIMカードをそのまま使用できるかどうかは売り場の販売員に尋ねましょう。

日系携帯電話会社を利用する  

ホノルルには、日系の携帯電話会社もあります。

そのうちの1つ、モバイル・センターUSA(Mobile Center USA)では、KDDI Mobileの携帯電話のサービスプランを提供しています。契約の際にSSNやクレジットヒストリーやデポジットも必要なく、ハワイ(またはアメリカの他の州)の電話番号を入手して、毎月の契約なしで、滞在ビザや期間は関係なくサービスを受けられます。対応はもちろん全て日本語で安心です。サービスには日本への国際通話料金が一部含まれており、簡単に日本語が打てる機種の携帯電話機の購入も可能です。

また日本で使用していたスマートフォンや携帯電話をSIMフリーにしてくるのもお薦めです。 

【情報提供・監修】 
モバイル・センターUSA
Mobile Center USA

住所:820 Kaheka St., Honolulu, HI 96814 
電話:(808)922-4100
ウェブサイト:www.kddimobilesim.com
Eメール:info-hi@mcu-us.com
営業時間:10:00〜19:00 年中無休 

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる