あなたに合うハワイの不動産会社選び/ランドストローム 明子さん

あなたに合うハワイの不動産会社選び/ランドストローム 明子さん

更新日 2019.05.08

あなたに合うハワイの不動産会社選び/ランドストローム 明子さん(アロハ・コナ・リアルティー社)にインタビュー(ハワイ島編)



ハワイでコンドミニアムや不動産の購入を考え始めた際、最初のステップとして通るのが、パートナーとして信頼おける不動産エージェントを見つけること。その際、気になるのが実績や評判、キャリアなどの面で自分にマッチしてる人かどうかだろう。今日は、ハワイ島(ビックアイランド)で活躍するランドストローム 明子さん(アロハ・コナ・リアルティー社)に、エージェントとしてのキャリアやお仕事ぶりなどをインタビューした。

 

【プロフィール】ランドストローム 明子(アロハ・コナ・リアルティー社)(R) 
上海産まれ、東京育ち。長崎県の雲仙国立公園の一角に80年以上続いた老舗ホテルの孫娘として誕生。1978年にカリフォルニア州に移住しヒルトンのヘッドクォーターで重役の秘書として16年間勤務。その後1991年にハワイ島へ移住し、名門ゴルフ場や旅行会社で日本からのお客様のゲストサービスや通訳を行う。27年前に不動産エージェントのライセンスを取得。13年前に不動産ブローカーライセンスも取得。


 

サービス業を通じてお客様に喜んで頂く事が自分の生き甲斐。

 編集部:エージェントになったきっかけと今までのキャリアについて聞かせください。
 親族が長崎県の雲仙国立公園の一角で80年以上続いたホテルを経営していた事もあり、幼い頃から経営やゲストサービスを見て育ちました。そんな環境で育ったせいか、いつかは自分もマーケティングやサービス業に従事できればいいな、と考えるようになりました。初めて移住したカリフォルニア州ではヒルトンのヘッドクォーターで秘書を勤め、その傍すぐ隣に並んでいたビバリーヒルトンでたくさんの日本人のお客様の対応をさせて頂きました。

 ハワイ島へ移住した後は、ハワイ島でも有名なゴルフ場や旅行会社でサービス業に従事し、自分はお客様を喜ばせる事が出来る「サービス業(ゲストサービス)が大好き!」だと実感しました。そしてお客様に喜んで頂ける不動産エージェントになる事に決めました。現在は不動産のブローカーライセンスも取得し、不動産業には必要不可欠な交渉力を高めるため、交渉におけるエキスパートの証明も取得。失敗しない不動産売買のお手伝いを続けています。

『不動産をお手伝いをさせて頂いたお客様のハワイライフが素晴らしい第二の人生となり、"夢への鍵"をお客様にお渡しする瞬間が私とお客様との新しい人生の始まりです。』
 

創業21年の実績と地元での信頼。オーシャンフロンのホテル内にオフィスを構え、
3名の日本人エージェントが所属。

編集部:所属されている会社・企業についてお聞かせください。
 私が所属するアロハ・コナ・コナリアルティー社は創業21年で実績と信頼のある不動産会社です。社内には常に不動産契約に精通するブローカーがいますので、スピーディーな契約書類の作成、そして成約に至るまでに起こりうるハプニングなどへの対応など、迅速に対応する事が可能です。そして安心して日本語でお客様のサポートが出来る政府公認の不動産免許証取得者が計3名所属しています。
 また、当社はオーシャンフロントに面したロイヤルコナリゾートホテル内にオフィスがありますので、日本人の方もお気軽にお越しいただける便利な立地にあります。オフィスから徒歩20秒で海を眺め、波の音を聞きながらの商談も出来ますので、お客様からも大変喜んで頂いています。
 


 


 

ハワイ島の西側を中心に、バケーションレンタルの運用可能な物件を多くご紹介。
戸建、土地、商業不動産売買にも精通。


編集部:よく取り扱う物件は?どんな物件ですか?またどんなお客様が多いですか? 

 ハワイ島の西側(マウララニ、ワイコロアリゾート、コナ地区)を中心にバケーションレンタルの運用が可能な物件をご紹介しています。ハワイ島では短期賃貸/バケーションレンタル(4月から新しい制約が適応されていますのでご注意下さい)を行なえる物件もありますので、日本人のお客様にも人気があります。その他、コンドミニアム、戸建、土地、商業物件も扱っています。特に現在は投資目的でのコンドミニアムや戸建のお手伝いが多くなっています。
 27年間ハワイ島で不動産業に従事していますので、経験を活かしそして同業者達からの信頼を受けながら、日本からのお客様をはじめハワイ島に住んでいらっしゃるローカルのお客様、そしてアメリカ本土からのお客様も多く担当させて頂いています。また、”明子さんと出会えて良かった!”と言われるように日々努力を続けています。


 


 

お客様のために、理想や目的に応じた物件探しを早急にご紹介。
トラブルにも迅速・誠実に対応。



編集部:印象に残る不動産取引について聞かせてください。

 印象に残っている取引は、想像もしていなかったハプニングが起こった事でした。
それは全ての成約のプロセスが終盤に差し掛かった際に、名義変更のために重要な書類/証書をお客様が日本のアメリカ大使館の公証人の前でサインを終わらせその書類をすぐに速達便で送って下さいましたので、2日後にパッケージがホノルルのエスクロー会社に到着するのを待つばかりでした。しかし、日本からホノルルに到着した書類が空港での取り違いで、オーストラリアへ転送され、5日目に発見されました。その後、ホノルルに送られるはずでしたが、今度はカリフォルニア州へ転送されてしまいました。パッケージの追跡を続けた結果、無事名義変更となりましたが、関係者全員が大汗をかいた長い長い9日間の出来事でした。何事も諦めずに努力をした良い結果でした!



明子さんの話を伺い、心からお客様を喜ばせるゲストサービスを大切にし、資格をとるなど常に努力し成長をされている方だからこそ、ハワイ島で多くのお客様を喜ばせ続けている事がよくわかるインタビューとなりました。

ランドストローム 明子さん
お話を伺ってみたいという方はこちらからお問合せをどうぞ

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる