あなたに合うハワイの不動産会社選び/タカコ・マクミランさん(センチュリー21ハワイアンスタイル代表)

あなたに合うハワイの不動産会社選び/タカコ・マクミランさん(センチュリー21ハワイアンスタイル代表)

更新日 2019.07.25

あなたに合うハワイの不動産会社選び/孝子・マクミランさん(センチュリー21ハワイアンスタイル代表)にインタビュー

ハワイで別荘やコンドミニアムを買おう!と思ったら、あなたに合ったハワイの不動産エージェント見つけることが重要なファーストステップとなる。その際、評判や実績などが気になるところだろう。今日は、孝子・マクミランさん(センチュリー21ハワイアンスタイル代表)に、ハワイ不動産エージェントとしての実績やキャリア、ご自身で立ち上げた会社に対する思いなどをインタビューした。

センチュリー21たかこマクミラン
左 たかこ・マクミランさん 右 パトリック・マクミランさん

プロフィール:孝子・マクミランさん(センチュリー21ハワイアンスタイル代表)
東京都出身。元ファッション雑誌モデル、ランウエイモデルとアンティークの輸出業も行う。日本で知り合ったディスニーワールドの乗り物の設計士、パトリック・マクミランさんとフロリダで結婚し、1984年フロリダよりハワイ移住。1988年不動産宅建取得、センチュリー21カハラ・ハレに所属。数々の賞を受賞し2004年にセンチュリー21ハワイアンスタイル社設立。1989年以降毎年、センチュリー21日本法人に個人的に招待され、センチュリー21ジャパンの全国会議に出席。日本、台湾、カナダなどでのハワイ不動産相談会やセミナーも開催。

最初のキャリアはモデル
モデルでの経験を不動産業に活かしたそのスキルとは

編集部:今までのキャリアについて聞かせてください。

東京都で生まれ育ちました。成人してから、身長が高かったこともありスカウトがきっかけでモデルを始めたのが最初のキャリアです。モデルと聞くと一見華やかな世界に見えますが、私は身長は高いのですが美人ではないですし、周りは本当に綺麗な方ばかりでプロの世界でめちゃくちゃに言われたこともありました。とても厳しい世界でしたので、差別化が必要と考え他のモデルより早くスタジオ入りしたりポージングを練習したりと一生懸命やっているうちに、認められ多くの仕事が入るようになりました。とても幸運で光栄なことに当時大変有名なスタイリストさんやカメラマンさん、ヘアーメイクさんメイクやがポージングの特訓に付き合ってくださり、どうすればモデルとして品物がよく見えるのか研究し実践しました。その後、東京ディズニーランドの乗り物のエンジニアをしていたパトリックと結婚しモデルを続けながらフロリダへ移住、私の父がハワイで投資をしていたことがきっかけで1984年、夫婦でハワイに移住しました。ハワイで主人のパトリックが不動産ライセンスを取得、当時、日本はバブルでハワイ不動産投資が盛んだったこともあり、私は主人の通訳や書類関係などアシスタントをしておりました。その翌年、私も不動産ライセンスを取得し夫婦でセンチュリー21カハラ・ハレに所属しました。モデルをしていた頃の品物をよく見せるスキルを活かし、当時はまだ珍しかった「ステージング」を行いました。倉庫を借りてステージングの用品を保管し、どんな物件でもお客様に快く見てもらえるよう、売る際には必ずステージングとマーケティングに力を入れたイメージ戦略が成功したこともあり、センチュリー21で数々のリアルター賞、ハワイで初めての10年連続ナンバー1ホールオブフェイムを受賞、トータル26年間全米トップ3%に入るセンチュリオン賞を受賞することができました。若い頃の苦労や経験が活きたことはとてもうれいしですね。

お客様にとって透明感のある不動産会社、
エージェントにとって活躍できる会社を目指して

編集部:会社設立の経緯やきっかけについて教えて下さい。

センチュリー21は日本にもオフィスがあり、セミナーや勉強会など日本とも強いつながりがありました。そんな中、日本での相談会などで出会うお客様の中には、納得のいくハワイの不動産のお取引ができなかった方がいらっしゃり気になっていました。日本のお客様に日本語のできるエージェントが不動産のお取り引きを誠実に、正直に行う不動産会社を作りたいと思うようになりました。その頃センチュリー21で常にトップ1〜2位の成績をマークしていたのですが、会社のオーナーが変わり、ルールも変わったことがきっかけで、夫婦でセンチュリー21の看板を背負いつつ不動産会社を設立しました。オフィスを作る際も、不動産会社は敷居が高いとよく聞きましたので、ガラス張りにし立ち寄りやすさと、「透明感のある会社」を目指しました。カラカウア通りに面するワイキキの玄関口という便利な場所にあることもあり、ウォークインで立ち寄ってくださるお客様もいらっしゃいます。また自身がエージェントのときに感じていた不満を解消したいと思い、エージェントが活躍できる、使いやすい、エージェントのためのオフィスを作りたかったことも独立したきっかけです。始めは2〜3人だけだったのですが15人ほどのエージェントが在籍できるまでになりました。


 

センチュリー21たかこ・マクミラン


 

リタイア後のハワイへの移住、日本への帰国までサポート

編集部:よく取り扱う物件はどのような物件でしょうか?またどのようなお客様が多いですか?

日本在住の日本人のお客様が約8割ぐらいです。もちろんご新規でのハワイ不動産のご購入や売却のお手伝いも多くさせていただいているのですが、嬉しいことに長いお付き合いをさせていただいているお客様やご紹介のお客様が多いです。また、メインランド在住の方や海外生活に慣れた方、国際結婚をされている方で、リタイア後にハワイに移住する方、その逆の日本に帰られる方のお手伝いもさせていただいております。特に日本に帰られる場合、日本に住民票がない方ですと手続きがとても複雑になりますので、リタイア前から計画され、ご相談をいただいております。
センチュリー21は世界82カ国に拠点がありサポートできます。中でもハワイと日本では強固な関係を築いているからこそ、お客様に日本でもアメリカでもスムーズなサポートをご提供することができます。 よく取り扱う物件はワイキキ、カカアコのコンドミニアムやカハラ、ハワイカイの住宅、さらにワイパフなどのローカルエリアもお取り引きさせていただいております。どのエリアに関しても近隣の方とも話をしたりし、エリアについてリアルな情報を集め深く知りその上で開示やマーケティングをご相談しながらお取り引きをさせていただいております。

売買から管理まで一貫サービス
長く活躍できるエージェントを育てたい

編集部:センチュリー21ハワイアンスタイルの強みや、将来のビジョンなどについて教えて下さい。

弊社の強みは、ハワイ、日本、世界82カ国でサポートができることと、売買後も姉妹会社での管理サービスも行っておりますので、一貫してお任せいただくことができることです。私自身は不動産業界で31年の経験がございますので市場の売買のタイミングや、適正価格を熟知しております。お客様から物件についてご相談を受けましたらリスクも含めお伝えいたします。主人のパトリックはエンジニアだったこともあり英語の書類などを、物凄くきっちり丁寧に準備いたします。お客様にもよく、いいチームワークと言っていただき夫婦でお客様をサポートさせて頂いております。将来のビジョンとしましては、「人を育てたい」という思いがあります。現在、英語、日本語で対応ができるエージェントはもちろん、韓国語、中国語、ベトナム語が堪能など様々なカルチャーをもつエージェントが多く在籍しております。それぞれが強みをもち長く不動産業界で活躍できるエージェントになってほしいと思っております。弊社でエージェントを始められて卒業され、現在独立されたり、他社でご活躍されているエージェントさんもたくさんいらっしゃいます。私自身、日本人であり、日本人のお客様のご対応を数多くさせていただいておりますので、日本語で対応ができるエージェントをもっと育てていきたいと考えております。お客様へは今までの経験と実績を活かしてサポート、売買後も管理させていただき長いお付き合いをさせていただければ嬉しい限りです。ご相談頂ける信頼関係を今後も築いていきたいです。

センチュリー21たかこ・マクミラン
世界会議のときなどに必ず着用されるというセンチュリー21のジャケット



 

センチュリー21のハワイのエージェントの中で、最高売上高を5回記録されたり様々な賞を受賞された経歴と不動産の確かな目を持つ孝子さん。お客様からの信頼も厚く売り時や買い時など経営者目線でアドバイスをしていただけるそうです。

孝子・マクミランさん(センチュリー21ハワイアンスタイル代表)
お話を伺ってみたいという方はこちらからお問合せをどうぞ

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

不動産会社・
エージェントにお問合せ
閉じる