法律事務所

昭和法律事務所

日英が堪能なバイリンガル弁護士

事業内容・プロフィール
【アンドリュー・大助・スチュワート弁護士】
アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれ、高校まで横浜のインターナショナルスクールで教育を受ける。日本での生活以外には、アメリカ本土の南部と東部での生活経験もあり、日本語での読み書きもでき、相談も全て日本語で行えます。

■ペンシルバニア大学政治学部卒業
■1998年~1999年 米国国会議員秘書
■ハワイ大学ウィリアム S. リチャードソン法学部卒業
■ハワイ州第一巡回裁判所、法律事務所勤務を経、
2011年昭和法律事務所開設

会社概要

不動産法,商法・会社法,民事,ビジネス法

お客様へのメッセージ

ハワイでの会社設立はもちろん、ハワイ現地従業員の雇用や法律などに関しても日本語でアドバイス致します。店舗の賃貸契約なども事前にご相談下さい。

事業・サービスの詳細

ハワイで陪審員裁判担当の経験を持つ数少ない日本人弁護士の1人。訴訟や裁判の際に日本語で直接説明が受けられるのは心強い。民事訴訟は主に契約違反、不動産、消費者保護、雇用問題、交通事故、人身障害、等。その他に、法人設立、投資契約や売買契約の作成、刑事訴訟、離婚訴訟、等も扱っている。

この会社からのお知らせ

  • 2013.08.01

    職場での差別やセクハラに関する指導・対策 セミナー

    アメリカ及びハワイ州では、公民権法、同一賃金法、雇用者年齢差別禁止法、障害差別禁止法、公益通報者保護法、等の法律を通じて従業員の人権や職場での他の権利が保証されています。雇用者として従業員にこれらの法律に関する一般的な指導を行い職場での差別やハラスメントを阻止する義務があります。定期的な従業員に対する指導を行ったり雇用ハンドブックの導入を通じて雇用者の法的責任を抑える事が可能です。

    昭和法律事務所は現在雇用者及び従業員向けに「ハワイ州法及びアメリカ連邦法に基いた職場でのハラスメント、差別等の違法行為に関して」と題するセミナーを有料で提供させて頂いています。セミナーはQ&Aを含めて約1時間半と成ります。お値段の方は場所や参加者の数によって設定させて頂いています。詳しくは、事務所の方までメールでお問い合わせ下さい。

企業所在地

昭和法律事務所

735 Bishop Street Suite 318 Honolulu, Hawaii 96813

(#昭和法律事務所)と関連する記事

(#弁護士)に関連する記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる