昭和法律事務所のお知らせ

  • 2013.08.01

    職場での差別やセクハラに関する指導・対策 セミナー

    アメリカ及びハワイ州では、公民権法、同一賃金法、雇用者年齢差別禁止法、障害差別禁止法、公益通報者保護法、等の法律を通じて従業員の人権や職場での他の権利が保証されています。雇用者として従業員にこれらの法律に関する一般的な指導を行い職場での差別やハラスメントを阻止する義務があります。定期的な従業員に対する指導を行ったり雇用ハンドブックの導入を通じて雇用者の法的責任を抑える事が可能です。

    昭和法律事務所は現在雇用者及び従業員向けに「ハワイ州法及びアメリカ連邦法に基いた職場でのハラスメント、差別等の違法行為に関して」と題するセミナーを有料で提供させて頂いています。セミナーはQ&Aを含めて約1時間半と成ります。お値段の方は場所や参加者の数によって設定させて頂いています。詳しくは、事務所の方までメールでお問い合わせ下さい。

エージェントにお問合せ 閉じる