ハワイ(ホノルル)現地時間
7/17(火)05:46
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2016.01.27

ハワイ健康保険プランは全米の中でもっとも値段が格安であるとGOBankingRatesの報告

GOBankingRates社のアナリストによると、ハワイ州で提供された健康保険プランは消費者にとって全米でもっとも格安であるという。

全米のAffordable Care Actのプランを分析したウエブサイトはそれぞれのプランの月額掛け金、控除額、救急と主治医診察の際の個人負担金を計算した。

ハワイは全米のなかでも無保険人数が低い州で、1974年に州によるState Prepaid Health Care Actの理由で5.3%となっており、その週20時間以上働く従業員には事業主が健康保険を提供しなければいけないという条例は、最近の全米のヘルスケア法の決まりより厳しい設定となっている。

healthcare.govのサイトでのハワイの最安値オプションは、Hawaii Medical Service Association(HMSA)のシルバーHMOで月額掛け金は$260と全国平均より$6低い。

HMSAシルバープランは、主治医診察と救急の際の一定額の個人負担金も控除額($2500)も比較的低い設定となっている。

GOBanking Ratesの低い健康保険額の10州はニューメキシコ、ユタ、カリフォルニア、テキサス、ペンシルバニア、ミシガン、コロンビア特別区、ハワイ、オレゴン、アイダホとなっている。

その他の記事