ハワイ(ホノルル)現地時間
7/17(火)05:46
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2015.08.26

Title Guaranty(エスクロー会社)は今年のハワイの住宅購入は日本人がカナダ人を抜いたと報告。

月曜日に発表されたTitle Guarantyのレポートによると、昨年同じ時期にリードしていたカナダ人の購入者を抜いて、日本人が再び2015年前半のハワイ不動産海外の購入者トップになった。
「日本人はオアフ、すなわちKakaakoエリアにおいてカナダ人に追い越した。」と、Title Guarantyデータサービスのシニア副社長のMike Imanaka氏は電子メールにてPBNに語った。「翌年に出来上がるさらなるプロジェクトがあるので、日本人はこのままハワイ不動産市場で最も強力な外国人購入者となるのではないか。」
去年の同じ時期の111件の物件購入で総額1億10万ドルと比べて、今年の最初の6ヶ月間の間に、州内の177件の物件で総額約1億3100万ドルを購入をしたことになる。
それに比べてカナダ人は、2014年の1月から6月の間に135件の物件で総額約1億570万ドルを購入し、今年は総額8470万ドルの96件の物件を購入している。
中国の買手は、今年最初の6ヶ月間の15件の物件で総額1210万ドルを購入し、海外からの購入者の第3番目の位置にある。去年の同じ時期の10件で総額約1140万ドルからは確実にアップしてる。
それでもハワイ現地の購入者はまだ現地不動産市場の大幅な割合を占めている、とTitle Guarantyのレポートは明らかにしている。
ハワイ在住の購入者は、今年最初の6ヶ月の間に、7,574件の物件で総額41億ドルを売り上げており去年同じ時期の6,191の物件の総額 32億ドルよりアップしている。
2014年と2015年において、カリフォルニアが今年最初の6ヶ月の間に794の物件で5億9440万ドルを挙げて国内のハワイ不動産購入の先頭にたっていた。こちらも昨年の同じ時期の781件の購入で総額6億680万ドルより増加している。

その他の記事