ハワイ(ホノルル)現地時間
12/11(月)10:49
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
【各エリアの詳細】

カイルア・コナ

ハワイ島西側最大の街。フアラライ山に貿易風から守られており、年中穏やか。ゴルフ、ダイビング、釣りに最適。山の裾野に街があるため、ほとんどの家から海が見える。またコナの気候帯は海沿いは雨が降らないが、標高が高くなるにつれ、降水量が増え、コナコーヒーの栽培に最適になる。

ワイコロア・リゾート

ヒルトンとマリオットを核にしたリゾート。タイムシェアがあり、人も多く大型ショッピングセンターも2つある。戸建て物件はほとんどがオーシャンフロントになり、数が非常に少ない。コンドミニアムは数も多く、手ごろな価格で販売されている。

マウナラニ・リゾート

東急が開発したリゾート。ゴルフコースの質は最高。タイムシェアがなく、ゆったりとしている。ホテルはマウナラニベイとフェアモント・オーキッド。ワイコロアリゾートよりは価格は高め。不動産オーナーはリゾートメンバーになることが可能で(無料)、ゴルフの優待割引などがある。

フアラライ・リゾート

ハワイ随一の高級リゾート。フォーシーズンズホテルを核として、ゴルフコースが2つ(36ホール)あり、うち半分はフアラライクラブのメンバー専用。メンバーになるためには不動産を所有していなければならない。

ヒロ

ハワイ島内で人口が最も多いエリア。雨と日差しが降り注ぐため、緑が大変鮮やか。現地の人々との交流を通じてローカルな暮らしを体験出来るのも魅力。ハワイ大学(ヒロ校)をはじめ、政府機関や医療施設なども集中している。そのため、大学教授や弁護士も多く住み、治安の面でも安全で利便性の高い地域。

各エリアにより気候や特徴が異なる広大な島

ハワイ州の中で一番の広さを誇るハワイ島。リゾート地区として確立されたコナ。多くの日系移民で賑わい緑豊かなヒロ。そしてマウナケア山、ボルケーノ火山や広大な大自然の魅力はさることながら各エリアで気候も異なり、住めば虜になるというハワイ島。その魅力に取りつかれ不動産を購入し、移住や長期滞在をする日本人も増えているという。都会的な要素は少ないが、広大な大自然に囲まれ、クジラやイルカを家から眺める事ができる物件、そしてコーヒー農園付、マンゴー農園付等の物件があるのもハワイ島ならではだろう。島の西側は一年を通じての晴天率が高く、山により風が遮られる為、ゴルフ等のレジャーに最適なエリア。東側は雨が多いがゆえ、緑に恵まれ、様々な熱帯雨林の木々や滝を満喫できる。日本人の不動産購入の傾向は、邸宅に加え管理がしやすいコンドミニアムも人気だ。不在時はバケーションレンタルとして貸出し可能な物件もある。世界中の富豪が別荘を所有する最高級エリア(クキオ)は完全なプライベートが保たれるエリアとなっており、オーナー以外はアクセスができない、併設ゴルフ場の会員権も購入ができない、もちろん貸出しもできない。最近はハワイ島では少ないコンドミニアム、戸建の新築開発が進むエリア(コハナイキ)もあるという。ハワイ島での自身のライフスタイルに合った物件を探すには、まずは現地に詳しい不動産会社、エージェントに話を聞いてみる事をぜひお薦めしたい。

2017/07/15発行 ハワイに住む掲載記事