ハワイ(ホノルル)現地時間
2/25(土)01:46
Vol.28 [01/16~04/16]
ハワイに住む表紙・2016-2017-ハワイ経済とその展望
・西オアフの現状と未来
・ハワイ島&カウアイ島
・不動産セミナーに行ってみたバックナンバー集へ
編集部ブログ
オススメ記事
不動産・別荘・バケレン
移住・暮らし快適サービス
弁護士・会計士・専門家
金融・投資・保険
叶えた人たち
ハワイヨガ体験記・風を切って走ろう
ハワイの未来を創り出すキーパーソン
"ハワイ在住ママたち"が語る
カメハメハ・スクールによるニュー・ネイバーフッド開発プロジェクト「OUR KAKA’AKO」の一端として 2017年春の竣工を目指すコンドミニアム「ケアウホウ・プレイス」。その価値を代表のスタンフォード・カー氏に聞いた。
ケアウホウ・プレイス・セールスオフィス
Water Front Plaza
500 Ala Moana Blvd.,Honolulu HI 96814
808-439-8300
www.keauhouplace.com
ケアウホウ・プレイス Keauhou Place
▶竣工:2017年5月予定 ▶所在地:555 South Street
▶施設概要:地上43階建て
▶ユニット数:388ユニット + タウンハウス35軒
▶居住面積:1ベッドルーム542sqft(50.35㎡)~ 3ベッドルーム1,233sqft(114.5㎡)
▶価格は1Bd、2Bd、3Bd$35万台~$140万ドル台
手に届く価格帯で手に入る 高級コンドミニアムに暮らす満足感
 ケアウホウとはハワイ語で「再出発」や「変化」を意味する。1800年代ケアウホウ・レーンと呼ばれていたこの場所は、多くの移民たちが暮らし、賑わいを見せていたエリアだったが、年を経て人の住まない倉庫街や工場街と化していた。このコンドミニアムの建設は、鼓動を止めていたこの土地を住民たちの笑い声が響く街へと甦えらせる、カカアコ再生プロジェクトのシンボルとも言えるもの。手に届きやすい価格帯で設定されているが、フィットネスセンター、ジム、プール、レクリエーションデッキなど、施設は他の高級コンドミニアムに引けを取らない。またユニットの天井高は8~37階までは通常レベルの約2・6mだが、38~43階は約2・8mとゆったりとした空間を確保。キッチンには幅広収納や自動スライドのパントリー、大型シンクが標準装備されるなど、最新のアメニティが充実している。
ケアウホウだけの優れた利便性が 理想のハワイ•ライフを実現する
 1区画の広大な土地に建設されるケアウホウ・プレイスのプロジェクトにはホノルル・レール・トランジットの駅、施設内のショッピングモール、通り沿いの店舗スペース、賃貸アパートなどの建設も含まれている。レールの駅が隣接するため、駐車場の車を使う感覚でワードやアラモアナ・センター、ホノルル空港にも体ひとつでアクセスできるようになるなど、ケアウホウ・プレイスには独自の優れた生活環境が備わっている。

古来ハワイの塩田が広がっていたとされるこのエリアに、塩の交易で多くの人が行き交っていた時代の賑わいが復活することを願い、43階建ての壁面の下から上に向かって海、シーソルト、トレイル、タロの葉、山を表したハワイアンモチーフが描かれている。
2015/4/15発行 ハワイに住む掲載記事