ハワイ(ホノルル)現地時間
12/11(月)10:44
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
オススメ記事
不動産・別荘・バケレン
移住・暮らし快適サービス
弁護士・会計士・専門家
金融・投資・保険
叶えた人たち
ハワイヨガ体験記・風を切って走ろう
ハワイの未来を創り出すキーパーソン
"ハワイ在住ママたち"が語る

Vol.2 Marukai成功の秘密に迫る

「情熱」なしに成功できるほどハワイのビジネスは甘くない。

プロデューサーおちまさとが、ハワイビジネスの成功者と対談し、秘訣を探るアロハボスクラブ、A B C。

Ochi-san(以下O):第二回目に登場していただくのは、ハワイに住む日本人なら知らない人はいない「マルカイ」の主席副社長松リチャードさん。成功の秘訣をお聞きします。
Matsu-san(以下M):僕はまだ、成功までいってないですよ。
O:何でそう思われるんですか?
M:「好き」だからやり出したらキリがないからね。でも、成功したと言ってもらえるなら、日本の味と文化を伝えるこの仕事をトコトン追求する「情熱」が僕にはあるからかもしれません。
O:日本生まれで日本育ちなのに、なんでまたハワイへ?
M:親父がハワイの業者への海産物卸しをやっていて、兄も取引先の社長さんの所に居候しながらハワイ大学に通っていました。僕も日本の大学卒業後の1 9 6 5年にすぐにハワイに渡り、ビザを取って兄貴と一緒に会社を設立したのが最初です。日本の物産を売りに行くと「また来たんか!」って追い返されたりしましたけれど、日本の美味しいものを紹介したいという「情熱」があったから、心が折れることはなかったです。
O:ローカルの人を雇い日本流を教えるのは大変でしたか?
M:「いらっしゃいませ」がアメリカにはないでしょ。マルカイは「心と心の対話」を大切にしてるので「いらっしゃいませ」「ありがとう」を彼らにわかってもらう必要がありました。心の入らないサービスは通用しません。ですから従業員には禅を通して日本の「心」を学ばせました。
O:アメリカ人は1ドルなら1ドルのサービスしかしませんもんね。「ありがとう」が伝わらない。
M:マルカイは「和の精神」を大事にしています。成功してしまったら「ありがとう」の気持ちを忘れてしまう人がいるけど、死ぬまで「ありがとう」の気持ちを忘れたらダメ。「ありがとう」の気持ち、「情熱」「真剣に取り組む気持ち」が大事です。
O:ハワイのビジネス、半端な気持ちなら辞めたほうがいい?
M:そんな気持ちでビジネスやったらもったいない。人生は短いから、自分の「情熱」を注ぎ込めるものを先ず見つける。「好き」が一番大事。ビジネスしたいなら燃えないと。ビジネスはギャンブルじゃないから、調べて研究して、あとは真剣にやる。
O:情熱以外に必要なことは?
M:優秀な弁護士や会計士を雇うこと。LAでは従業員がお金を巻き上げようとすることも多いですよ。
O:今ここにない新しいビジネスを始める、という考え方は?
M:それより自分が「好き」なことをやるべき。好きでないことをやって成功するほどビジネスはなまっちょろくない。好きでもないことに「情熱」を注ぎこめますか?
O:ハワイでのビジネスに向いているのはどんな人でしょう?
M:真剣さはあるけど楽天的。次に何をしようかという情熱や願望のある人ですね。それとローカルの人間と気のあう人でないと難しい。
O:最後にハワイでビジネスを始めたけどうまくいってない人に一言。
M:「ネバー・ギブ・アップ!」やってダメなら何がダメかリサーチする。自分で考えるだけじゃなく経験者に話を聞いてもらう。ハワイにある経営者の集まり「盛和塾」のような所で、優れた経営者からアドバイスを受けるのも1つの方法ですよ。
編集後記:柔和な笑顔の下に見え隠れする情熱とねばり強さ。数々の困難に打ち勝つだけの精神的な強さ。幼少期から父に鍛えられた鋭いビジネス感覚で真剣勝負の人生を歩み続けるハワイの大阪商人。エネルギーいっぱいいただきました!
Shop Information
Marukai Wholesale Martマルカイ・ホールセールマート
2310 Kamehameha Hwy, Honolulu
☎(808)845-5051
月〜土8:00~20:00、
日曜8:00~18:00
年中無休(1/1を除く)
その他2店舗
http://www.marukaihawaii.com/
2012/10/16発行 ハワイに住む掲載記事