ハワイ(ホノルル)現地時間
6/26(月)00:17
Vol.29 [04/17~07/16]
ハワイに住む表紙・ハワイで住みたい街5つの共通点
・ハワイ進出の参考書
・隣島の不動産事情 ハワイ島&カウアイ島
・本格的な指圧・マッサージ・あん摩・整体院で「プロフェッショナル」を探す バックナンバー集へ
編集部ブログ
オススメ記事
不動産・別荘・バケレン
移住・暮らし快適サービス
弁護士・会計士・専門家
金融・投資・保険
叶えた人たち
ハワイヨガ体験記・風を切って走ろう
ハワイの未来を創り出すキーパーソン
"ハワイ在住ママたち"が語る

Vol.8 「JTBハワイ」 成功の秘密に迫る

「トラベルはトラブル」だからこそ、お客様との協力が命。

プロデューサーおちまさとが、ハワイビジネスの成功者と対談し、その秘訣を探るアロハボスクラブ、略してABC。第八回目のボスは「JTBハワイ」社長の辻野啓一さん。そこにはあるキーワードが。

Ochi-san(以下O):ハワイに来るきっかけは何だったのですか?
Tsujino-san(以下T):日本でJTBに就職し、ハワイには社命で2008年にやって来ました。当時はリーマンショックの頃で、業績が芳しくない時期でした。でも現在では、地元の企業も含めハワイ250社中、売り上げ18位となり、旅行会社としてはJTBが最大手になりました。
O:仕事上の失敗とか、大変だったことはありますか?
T: 会社として一番困るのは、飛行機が来ないことですね。ウェディングの場合、翌日遅れてきたカップルにどこか式場の空いている時間に割り込んでいただくことになる。すでにその日の予約も入っているわけですから大変です。それから、ハワイには似たような地名が多くて、結婚式の参列者が別の場所に間違えて行ってしまいそうになり、途中で気がついて事なきを得たこともありました。
O:この仕事をしていて良かったことは?
T: 「親切にしてもらった」「サービスが良かった」といって、お客様に喜んでもらえることですね。忘れられない思い出は、添乗員時代のトラブル。飛行機が遅れて、パリに行く便に乗り継げない。週末だったので支店とも連絡がつかない。
なんとか手配したものの全員が同じ便に乗れず、お客様だけ先に行っていただき、自分は翌日追いかける。着いたギリシャのホテルでは暑い中エアコンが壊れている。 その翌日は飛行場の管制塔のストで飛行機が飛ばない。5時間待ってやっとパリに戻ったら、国際線の予約は全部キャンセルされて日本へ帰れない…。旅の後半からは、お客さんと私は戦友みたいでしたね。無事に成田に着いた時にいただいた、お客様からの盛大な拍手は一生忘れられません。
O:すごい思い出ですね。
T:「トラベルはトラブル」なんて言うように旅にはトラブルがつきもの。あとは自分とお客様との協力のみです。
O:ハワイで一旗あげたい人はどうしたらいいですか?
T:ハワイを甘くみないで、もっと研究してから来た方がいいですね。ハワイでの成功事例ばかりが目立っているんでしょうね。
O:ハワイで働こうとする人にアドバイスを。
T: 働くなら楽しく! 仕事の拘束時間は長いですから、単なるルーティンワークと思わず仕事を楽しんでください。
O:ハワイを楽しむコツは?
T:ハワイのペースにあわせること。日本人はせっかちですが、ハワイに来たらのんびり、ゆっくり。
O:今後、注目するビジネスは?
T:朝時間を大切にすること。うちのトロリーも早朝のダイヤモンドヘッドの往復便はいつも満員。朝市やカフェでの朝食など、1泊するからこそ生まれる朝時間。1日を2倍3倍にも楽しめるわけですから、これからは、朝ビジネスが狙い目でしょうね。
O:本日はありがとうございました。
編集後記:無類の映画好きという辻野社長。将来は映画館の「もぎり爺さん」になりたいと言う愛嬌のあるこの方が、ハワイ観光業の屋台骨でもある「JTBハワイ」の社長だなんて何だか嬉しい。「楽しい=仕事」を自ら実践する辻野社長。観光業で多くの人が生活している何かプロデュースご一緒できたら楽しそうですね! ありがとうございました。

Information
「JTBハワイ・インク」
JTB Hawaii, Inc.

2155 Kalakaua Ave.
9th Floor
(バンク・オブ・ハワイビル9階)
☎(808)922-0200

2014/1/16発行 ハワイに住む掲載記事