ハワイ(ホノルル)現地時間
12/11(月)10:42
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
オススメ記事
不動産・別荘・バケレン
移住・暮らし快適サービス
弁護士・会計士・専門家
金融・投資・保険
叶えた人たち
ハワイヨガ体験記・風を切って走ろう
ハワイの未来を創り出すキーパーソン
"ハワイ在住ママたち"が語る

Vol.5 「アランチーノ」成功の秘密に迫る

夢は無料。常に夢見て、チャンスが来たら逃さずつかめ!

プロデューサーおちまさとが、ハワイビジネスの成功者と対談し、その秘訣を探るアロハボスクラブ、略してABC。ボスからの言葉にはあるキーワードが。

Ochi-san(以下O):第五回は、ハワイ・イタリアン・レストランの代名詞「アランチーノ」オーナの稲村さんです。ハワイに移住するきっかけは何だったんですか?
Inamura-san(以下I): 医療器具を扱う日本の商社で働いていた時に世界34カ国ぐらい周りましたが、時差調整でハワイに立ち寄る事がよくありましてね。 こんな所に住めて、収入があたらいいなと夢見てました。ところが25年ぐらい前、だんだん円高になって海外の人にとって日本製品が高価になてきた。高い日本製よりドイツ製品を買いたいという取引先が増えてきた。そんな時、勤めていた商社が競争相手に売却されたんです。
O:それで思い切ってハワイへ?
I: 日本では7万円のアパートに住んでいたんです。たまたま新聞に新築マンションのチラシが入ていて、見に行くぐらいはタダだから、と妻に言われてしぶしぶ見に行たら、そこは宇宙ステーションみたいにお洒落なマンション。気に入てローンを組んで購入したら、運よくバブルの絶頂期に5倍近くで売れたんです。この2つのことがきかけで、ハワイに家族3人でやってきました。1987年のことです。
O:すぐに仕事はみつかりました?
I: 最初は小学校のカフェテリアでボランティアのマネーコレクターをしていました 。
O:正式な仕事はいつから?
I:今のビーチウォーク店のある一帯のリース権を購入し、素人でも始められるビールバーをまずはオープン。当時は無殺菌で熱処理していない生ビールがなかったので、日本から初輸入。シシェービング・クリームみたいな細かい泡が自慢でしたが、あまり儲からなかた。その同じ場所でイタリアン・レストランをオープンしました。当時のワイキキには美味いアルデンテのパスタを食べさせる店がなかたからね。
O:ずっとイタリア人経営だと思ていました。店名の由来は?
I:もともとあった家具がオレンジ色で、それに合わせて壁もオレンジ色にしたら温かみがあっていい雰囲気に。それでイタリア語で「小さなオレンジ」という意味の「アランチーノ」に決めました。
O:今度はカハラ店、すごいですね。
I: ハワイで1番のレストランを作りたいと思っていたら、たまたま(ザ・) カハラ(ホテル&リゾート)に空きがあると言われ、すぐ動き始めました。ワインは日本の田崎真也氏監修によるパンパシフィックのめずらしいものを揃える予定です。
O:宿泊客もカハラの人も喜びますね。もしマンションを売った金もなく、無一文だったらハワイに来ませんでしたか?お金を持てない人はチャレンジしない方がいい?
I:一つ言えるのは、こういう風になりたいという希望や夢を常に持っていること。チャンスは平等にやってきているけど、夢をもってないと見過ごしちゃうんですよ。ハワイに来なさいと無責任には言えないけど、夢は無料!どんどん夢見てください。
O:カハラ店、期待しています!

編集後記:何が何でも成功してやるという気負いを見せない自然体の人。「全部ラッキーで実力じゃない」と謙遜しながらも、おもしろく人生を語る。何歳になっても夢を持ち続ける、生涯少年のおやじさんでした。
Shop Information
Arancino Restaurant Group
アランチーノ・レストラン・グループ

<ビーチウォーク本店>
255 Beachwalk Ave.
☎(808)923-5557
x 11:30~14:30、17:00~22:00
v 年中無休
<ディマーレ店>
ワイキキビーチマリオット1階
☎(808)926-9777
x 7:00~10:30、10:30~14:30、17:00~22:30
v 年中無休
<カハラ店 5月オープン予定>
ザ・カハラホテル&リゾート1階
2013/4/16発行 ハワイに住む掲載記事