ハワイ(ホノルル)現地時間
3/27(月)16:23
Vol.28 [01/16~04/16]
ハワイに住む表紙・2016-2017-ハワイ経済とその展望
・西オアフの現状と未来
・ハワイ島&カウアイ島
・不動産セミナーに行ってみたバックナンバー集へ
編集部ブログ
オススメ記事
不動産・別荘・バケレン
移住・暮らし快適サービス
弁護士・会計士・専門家
金融・投資・保険
叶えた人たち
ハワイヨガ体験記・風を切って走ろう
ハワイの未来を創り出すキーパーソン
"ハワイ在住ママたち"が語る
事業計画がきちんとできていても優良物件が見つからないという現状。

プラスセブン不動産
山崎 雅幸(RA)

☎808-277-5124
Plus7masa@gmail.com
  現在は購入希望者が多く、物件が断然足りていません。売買価格や賃料も高値止まりなのに常に購入希望者から探されている状況です。不動産エージェントの手数料は売り物件(居抜き)の場合、売値の10%(売主側・買主側で5%ずつ折半)、賃料のみの物件ではグロスレント(賃貸料、借地料・共益費、固定資産税など)1カ月分ですが、ワイキキ中心にあるブティック「ターコイズ」は山崎氏が手がけた。売れる物件がない。購入者側のやる気も資本も事業計画もきちんとあるのに、それに見合う物件がない、というのが現状です。
 数年前は個人オーナーさんが夢の実現としてハワイに出店されるというケースが多かったのですが、ここ2~3年は資本金100億円超の大企業の出店が続いています。東南アジアに出店後、アメリカ進出への第一歩として計画される企業が増えているように感じています。ですが、フロリダとハワイでレストラン経営を経験した身としては、ハワイはアメリカとしては特殊なところだと思いますので、アメリカ全土の指標にするにはあまり向いていないかもしれません。集客対象はローカルと観光客の両方ですし、駐車場が必要なのに土地が狭く十分に確保できないことも多く、中心部を少しでも離れると夜が早く人通りがぐっと減る、そんな特殊な地域です。本土でしたら、早い時間はユダヤ系、そのあとに地元民、深夜はヒスパニック系と生活時間帯が違う人種が混在しているので、飲食業は普通に3回転するのですが、ハワイはそうは行きません。ゾーニング(土地の区割り。商売不可のエリアもある)も独特ですので、物件を検討する時には十分注意が必要です。イートン・スクエア横にある洋菓子店「kulukulu」は池田氏が手がけた。また、ハワイ州独特の従業員の健康保険負担も事業主にとっては大きなランニングコストとなりえます。
 そんなハワイで成功するためには、コンセプトをしっかりと立て、何のために出店するのかを定め、ランニングコストをしっかり計算し、確保する。基本の基本に見えますが、これがハワイで成功する絶対条件です。そして、最後に、ここは島なので、必要なものが望みのタイミングで揃わないことと、そのためのコストが嵩むことも忘れてはいけないと思います。

エージェント費用は売主が払うもの。 ならば、物件探しはプロに依頼すべき。

スターツインターナショナルハワイ・インク
池田 多聞(RA)

☎808-947-2280
(音声ガイダンスの後、内線201)
info@startshawaii.com
 ハワイは今とても活況で、出店計画をお持ちの方が見合う物件を待っている状況です。「物件を買う」と言いますが、実際には「プレミアム」と呼ばれるものを取引に際して支払うことになります。プレミアムの内訳は、賃貸契約の価値・物件の付帯設備・のれん料です。ハワイ出店は、ご年配のオーナーさんの最後の夢から30代の若手経営者の新規事業に変わってきた気がしています。居抜きはサプライズが少なく、現実的な計画が立てられるので良いのですが、今、居抜きはほとんどなく、新しい商業物件も非常に少ないのが現状です。日本からの出店希望者が好むマーケット(エリア)が狭い、というのも一つの原因かとは思います。ニーズの割には家賃はそれほど上昇傾向にないのが、より活況を増している原因の一つかも知れません。
 ハワイは景観への規制が厳しく、容易に看板が出せないこともあり、売り出し中でも表には出ないことの方が多いですから、ループネット(www.loopnet.com)など、商業不動産専門のサイトで探すか、商業不動産を得意とするエージェントに探してもらうのが一般的でしょう。エージェントの手数料は通常、2か月分の賃貸料(基本賃料、共益費、固定資産税など)または「プレミアム」の10%を売主側・買主側で折半です。エージェント費用は家主(売主)が支払うのですから、物件探しをしている方(買主)はエージェントを付けた方がお得ですよね。そして、そのエージェントがどこまで手を貸してくれるのかも大きな違いを生むと思います。物件契約で終わりなのか、開業までのコーディネートまでしてくれるのか、など、さまざまだからです。そして実は家主さん選びは重要だと思います。改装方法や期間への便宜など、当初計画の数字には表れにくいものですが、現実的なレベルでの違いは大きくなることがありますから。
この春市場にでた売出物件
ハワイアンモナーク内 寿司レストラン
プレミアム:$189,000- 広さ:491sf(45.62㎡)
月額賃料:$5.08/sf($2494.28)
契約期間:2016年6月30日まで。ただし5年延長可
スターツインターナショナルハワイ インク 池田多聞(RA)
☎808-947-2280(音声ガイダンスの後、内線201)
info@startshawaii.com



NINJA SUSHI
ニンジャ寿司 カネオヘ店
プレミアム$298,000 月額賃料$3,000
広さ:1,455sqft(135.315㎡) 契約期間:2018年(10年毎に更新可)
ハワイのローカルに人気のフランチャイズ寿司店。オアフ島東海岸カネオヘのウインドワードモール内にお店があります。
ハワイラニ不動産 とも子クビアック(R)☎808-386-7984
2014/7/15発行 ハワイに住む掲載記事