ハワイのシニアハウジングについて

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • メール

ハワイのシニアハウジングについて

更新日 2018.09.24

シニアになる前に考えたいことの1つが住宅問題。ハワイにシニアハウジングの基本知識を解説します。

シニア世代の住宅に関する2つのオプション

日本に帰国せずに一生ハワイで暮らすと決めた場合、ある程度の年齢に達したら考えなければならないのが高齢になった際の将来設計です。

オプションとして考えられるのは、1)自宅に住み続けるか、2)シニアホームに入居するかの2つです。どちらを選ぶかの選択肢は、老後資金や英語力、家族・友人の有無などにより大きく違ってきます。

ハワイ シニアハウジング 老人ホーム ナーシングホーム

ハワイで自宅に住み続ける場合

自己所有でも賃貸でも、ハワイの高齢者は自宅に住み続ける場合が多いようです。

自宅はバリアフリーにするなどの工夫を

ローカルの多くは、子供・孫も合わせた2~3世帯住居に住み、必要な場合のみホームケア(自宅介護))を依頼する場合も多く、この場合、部屋や浴室を改築してバリアフリーにするなど工夫をすると便利です。

自宅をダウンサイズ

日本や米本土から移住した場合、家族が日本や他の外国、米本土にいる場合も多く、自宅をダウンサイズして小さめの家やコンドミニアムに転居したり、低所得者とシニア用アパート「アフォーダブルハウジング」に入居するケースも多くみられます。この場合は入居に年齢、収入などの条件がありますが、州政府から家賃補助を受けられます(家賃は上がる可能性あり)。

【アフォーダブル・ハウジング入居の条件】

  • 年齢制限:55歳、または62歳以上
  • 年間収入:$36,050~$54,850以下(1人)
         $41,200~$62,650以下(2人)※条件・物件により異なる
  • クレジットチェック
  • 犯罪歴チェック

【アフォーダブル・ハウジング賃貸のプロセス】

  • 1)申込書を提出
  • 2)インタビュー
  • 3)収入の確認(ソーシャルセキュリティ、仕事など)
  • 4)財産の確認(銀行、生命保険など)
  • 5)保証金と1ヶ月目の家賃支払い

詳細は下記参照:
www.seniorhousingnet.com
www.theseniorcareguide.com
www.elderlyaffairs.com

ハワイのシニアホームに入居する場合

シニアホームの種類

シニアホームは賃借型、購入型、手付金(入居料)+賃借型の3つに大別され、次のような種類があります。

  • 1)月払いのシニア向けアパート
    入居時に手付金が必要で、以降月々の家賃支払い。家賃には、24時間常駐のナースとスタッフ、食事、掃除洗濯などのサービスが含まれる。
  • 2)一生ケア保証があるケアホーム
    入居費と月々のサービス代が必要。高額だが自立生活から認知症まで一生ケアを受けることが可能。
  • 3)購入可能なシニア向けコンドミニアム
    購入代金と月々のサービス代が必要。シニア向け物件に詳しい不動産エージェントに相談を。
  • 4)長期ケアホーム
    フォスターケアホーム(ARCH)やナーシングホームは、支払い能力の有無に関わらずホスピス患者や24時間のケアを必要とするシニアを預かる介護ホーム。

これらのシニアホームには、物件により異なる年齢制限があります。通常は高額な費用がかかるため、自分や家族の経済事情、ライフスタイル、肉体的な限度(運転不可など)、友人や家族のサポートなどを考慮しましょう

ハワイのシニアハウジングにかかる費用

自宅に住む場合とシニアホームに住む場合では、かかる費用が大きく異なり、選択肢は経済状態によるところが大きくなります。

ナーシングホームに住む場合の費用

1日の平均・・・約$310
月々の費用・・・約$9,300

自宅介護の場合の費用

1時間・・・約$25
1日(4時間)・・・約$100
毎週(3回)・・・約$300
毎月(12回)・・・約$1,200

このように月々の費用でも約$8,100という大きな差が生まれます。
健康状態により自宅に住み続けても十分という場合も多いので、大きな家は売却してダウンサイズする、複数世帯住居を考える、日頃から健康な体作りをする、家族や友人との関係を大事にするなどして、充実した老後のプランを立てましょう。

【情報提供・監修】
イング清子(R)
リアルター シニア用不動産スペシャリスト

Plus Seven Realty
住所:1400 Kapiolani Blvd., B-43, Honolulu, HI96814
電話:(808)375-6409
ウェブサイト:www.plus7corp.com
Eメール:ingkiyoko@gmail.com

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる