ワイキキ・アラモアナまで近距離コンド「マルコポーロ」フルリノベ済みの2ベッドルーム物件

ワイキキ・アラモアナまで近距離コンド「マルコポーロ」フルリノベ済みの2ベッドルーム物件

更新日 2021.01.26

【編集ピックアップ物件】

ハワイ不動産の最新情報を毎日お届けしている「ハワイに住む編集部」。

今日、ピックアップしてご紹介する物件は、アラワイ運河近く、カピオラニ通り沿いに建つ元祖・高級コンドミニアム「マルコポーロ」高層階にある、フルリノベ済みの2ベッドルーム物件です。

2333 Kapiolani Boulevard #2813, Honolulu HI 96826
マルコポーロ #2813
2ベッドルーム&2バスルーム、$624,999

今日ご紹介する物件があるのは、アラワイ運河を挟んでワイキキの対岸にあるアラワイコミュニティパーク脇に建つ元祖・高級コンドミニアム「マルコポーロ」。波打つ外観の印象が強い36階建て、全568戸のコンドミニアムです。ワイキキにも近く、アラモアナから走るカピオラニ大通り沿いという最高のロケーションにあり、1971年の竣工以来、ローカルにも海外投資家にも人気があります。

 

「マルコポーロ」の間取りは1ベッドルーム〜3ベッドルーム、さらにペントハウスで構成されており、特にアラワイコミュニティパーク方面に開口部がある高層階からは、遮るもののないオーシャンビューと美しいワイキキのシティビューを楽しむことができます。

ハワイ 不動産 コンドミニアム

数年前に大きな火災があったことで一躍有名になりましたが、現在は課題であったスプリンクラーと火災報知器が新設され、より安全に快適に暮らせるように改装されています。

 

さて、元祖・高級コンドミニアムと書きましたが、その理由はアメニティの豊富さにあります。下の写真をご覧ください。

ハワイ 不動産 コンドミニアム

「マルコポーロ」には、プール、サウナ、バーベキューエリアはもちろん、2面のテニスコート、バスケットボールコート、レクレーションエリア、パッティングゴルフエリア、会議室と、新設の高級コンドと変わらない贅沢なリゾートアメニティが竣工時点で計画されているのです。

 

今日ご紹介する#2813のお部屋ですが、28階の波型の建物のちょうど真ん中にあるユニットで、リビング・ダイニング・キッチンエリアとセカンドベッドルームは長方形なのですが、マスターベッドルームだけが緩やかな扇状形になっています。

早速、フルリノベ済みの綺麗なユニットの中をご紹介していきましょう。

 

まずこちらが玄関。玄関脇にある引き戸の奥には一つ目のバスルームがあります。こちらのバスルームはバスタブつき。

ハワイ 不動産 コンドミニアム

 

玄関を入って左側に広がっているのが、明るくおしゃれなオープンキッチンと、その奥にあるダイニング・リビングスペース。キッチンにはステンレス製の最新家電と美しい大理石のカウンターが設置されています。

ハワイ 不動産 コンドミニアム

 

下の写真はリビングに置かれたソファから玄関方面を見たところ。ダークグレーの壁の向こうはセカンドベッドルームになっており、写真右端に見えているドアの奥がマスターベッドルームです。

ハワイ 不動産 コンドミニアム

 

室内面積は約90㎡とハワイでは2ベッドルーム物件の標準的な広さなのですが、アラワイ運河に向かって開いているラナイ(ベランダ)があるのが良いですね。視界を遮るものがなく、ワイキキの街の風景越しにオーシャンビューも楽しめます。

ハワイ 不動産 コンドミニアム

 

こちらはリビングルームのすぐ隣にあるセカンドベッドルーム。ちょうど玄関の真正面にあります。こちらもオーシャンビューが楽しめる大きな窓が魅力的。写真には写っていませんが、大きめのクローゼットがついています。

ハワイ 不動産 コンドミニアム

 

そして、玄関を入って右奥にあるのがマスターベッドルームです。写真では分かりづらいのですが、ごく緩やかな扇状形をしています。
そして写真左端に写っているのが、マスターバスルームへと続く短い廊下。この廊下沿い両脇にクローゼットが設置してあります。 

ハワイ 不動産 コンドミニアム

 

マスターバスルームももちろんフルリノベ済みで清潔そのもの。こちらはシャワーのみが設置されています。

ハワイ 不動産 コンドミニアム

空調はセントラルエアコンではありませんが、角部屋にウィンドウACユニットが設置済み。駐車場1台分がついてきます。

 

ところで、先に素晴らしいリゾートアメニティについて述べましたが、あれだけのものが揃っているのに、月々の管理費が$684というのも高ポイント。ハワイのコンドミニアムの管理費は総じて高く、特にアメニティの充実したコンドミニアムだと$1000超えは普通になっている中、この価格は嬉しいですね。

また、ワイキキとアラモアナまで近いのはもちろん、ハワイの私立トップ3校常連のイオラニスクールは徒歩圏内、さらにハワイ大学マノア校、日本人も多く学ぶミッドパシフィック・インスティチュートまではユニバーシティアベニューでほぼ一本で行けるので、教育移住を考えている方にもおすすめのコンドミニアムです。

 

この物件の詳細はこちらから>>(*リンク先が表示されない場合、売約済またはステータス変更が考えられます)

 

その他のマルコポーロの売り出し物件>>

(*リンク先が表示されない場合、売約済またはステータス変更が考えられます)

 

ワイキキの同価格帯の物件情報はこちらから>>ハワイの売り出し中不動産物件、ワイキキ 50万ドル~70万ドル

 

アラモアナ・カカアコの同価格帯の物件情報はこちらから>>ハワイの売り出し中不動産物件、アラモアナ・カカアコ 50万ドル~70万ドル

 

※こちらの情報は2021年1月26日現在の売り出し中物件の情報です。物件情報は常に変わる可能性があります。

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

不動産会社・
エージェントにお問合せ
閉じる