ハワイで銀行口座を開設する

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • メール

ハワイで銀行口座を開設する

更新日 2018.09.30

ハワイに移住したら、まず最初に行いたいのが銀行口座の開設です。ここでは口座の種類と開設の方法について説明します。

米国では外国人の非居住者でも銀行口座を開設でき、ハワイ州内の大手銀行には通常日本人の行員が常駐していて日本語で口座開設手続きの補助をしてくれます。

米国の銀行口座の種類

買い物や家賃、光熱費などの支払い時に、個人用の小切手(Personal Check)を多用する米国では、銀行のシステムが日本とは多少異なります。米国の銀行口座には下記の2種類があります。

1)チェッキング口座(CheckingAccount)

小切手が振り出せるチェッキング口座は米国で生活する上で一般的です。口座を開設するとデビットカードが発行され、買い物などに使えます。印鑑や通帳はなく、1ヶ月に1度口座の明細書が発行されます。通常利息は付きませんが、銀行によっては残高に利息が付く口座オプションもあります。最低・最高残高や口座維持費は口座の種類により異なります。

2)セービング口座(SavingAccount)

日本の普通預金、または定期預金に相当します。残高に下限がある場合も多く、それを下回ると口座維持手数料を徴収されます。残高には利息が付くため、当面使う予定のないまとまったお金は、セービング口座に入れておくのがお薦めです。定期預金(CertifiedDeposit=CD)に預ける場合、利息や手数料、預金の最低額などが各金融機関によって異なります。

ハワイ 銀行 口座開設

銀行口座を開設する方法

外国人がハワイの銀行で口座を開設する際、申込書以外に必要なものは基本的に次の通りです。

  • パスポートや米国の運転免許証、ステートIDなど写真付きの身分証明書(学生の場合は、I-20と学生ビザをパスポートに添付)
  • ソーシャルセキュリティーナンバー(非居住者や学生の場合は、なくても口座開設が可能)
  • 口座開設資金

デビットカードの使い方

デビットカードとはATMカードのことで、通常米国でチェッキング口座を開設する際に申し込めば発行してもらえます。これがあるとATMで自由にお金を引き出したり、残高をチェックしたりできるほか、買い物の際にクレジットカードのように使うこともできます。使用した金額はチェッキング口座から引き落としされます。デビットカードはホテルやレンタカー予約、ネットショッピングなどにも使えて便利ですが、銀行口座と直結したカードのため、使ってもクレジットヒストリーを作ることはできません。

個人用の小切手(Personal Check)

チェッキング口座を開設すると、数枚の小切手(Check)はもらえますが、通常は申し込み時に自分の名前と住所、電話番号などを記した個人用の小切手(Personal Check)を注文します。書き方は下記をご参照ください。

①日付
②支払先の名前(またはビジネスの名称)
③金額(線上には英語で、右側の$サイン横に数字で記入)を記載し、右下の欄に署名します。チェックを書いたり、デビットカードを使用したりした際は、チェックと一緒にもらえる使用明細記録に、日付とチェックの番号、支払った金額を記載する習慣をつけましょう。


【情報参照・監修】
セントラル・パシフィック・バンク ワイキキ支店
(Central Pacific Bank)

電話(日本語ライン):(808)544-5625
ウェブサイト:www.cpb-jp.com

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる