基礎知識 9・ハワイのコンド選び 高層VS低層?ハワイ住民のリアルな証言つき

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • メール

基礎知識 9・ハワイのコンド選び 高層VS低層?ハワイ住民のリアルな証言つき

更新日 2018.09.03

ハワイでのコンドミニアム購入、窓から遮るもののないホノルルのパノラミックビューを一望できる高層階もいいが、非常時の避難を考えると低層ユニットの安心感はプラス。メリットとデメリットを考えてみましょう。
 


 

あわせて読みたい>


最も高額な価格帯にあるラグジュアリーコンドの高層階は、全ユニットの中でも最もステータスが高くさまざまな魅力を持っている。近隣の建造物より高い位置にユニットがあるためプライバシーが保たれ、窓を開け放っても外部の騒音は遠く届かず静か。またすべての部屋の窓から海・山・街のパノラマが一望できるなど、住環境が非常に優れているのが高層階の特長。さらに最上階のペントハウスでは天井が高く造られていたり、直通の専用エレベーターが用意されているなどさらに贅沢になっている。資産価値に優れ、住む人のステータスになり得るユニット。それが高層階ということになるだろう。

高層物件のメリット

なんといってもビューが最高

鳥たちと同じ目の高さから眺める海の色や、ハワイの街並みを上から目線で一望できるのは、高層階の住人だけが楽しめる特権。

資産価値が高い

高額でも余りある魅力を兼ね備えた高層階ユニットは、売却時もおおむね高値で取引されるため低層階に比べて資産価値が高いと言える。

風通しが良く快適

高層階がある地上およそ30〜40メートルの上空には爽やかな風が流れているため、日中でも窓を開ければ暑いと感じることが少ない。

虫嫌いな人に朗報

低層階では夜窓を開け放すと外部から虫が侵入することが多いが、高層階まで来ることは滅多にない。

高層物件のデメリット

エレベーター待ちにイライラ

高層階直通のエレベーターがないコンドミニアムの場合、混雑する時間帯は10分以上エレベーターを待つことが少なくない。

小さな子供は危険

子供をラナイに一人で出すことは、思わぬ転落事故につながる危険性があるため、子供がいるときは窓の開放厳禁。

緊急時の心配

エレベーターが停止した際は、自分のフロアまで階段で上るのが非常に困難。また火災の際ははしご車が届かないなどのリスクもある。

日中の日差しが直射

周囲に遮る建物がないため、建物によっては一日中直射日光が当たるということも。夏などは室温が上昇してしまうユニットもある。

 
  
 

次に、低層階の暮らしについても見ていこう。風に揺れるヤシの木、南国らしい草花、賑やかな街の活気をより近くに感じながらの暮らしは低層階ならではの魅力。街に溶け込んで暮らす感覚を楽しめる。

街の活気も手に取るように感じられ、目線の近くに見える木々に安心感を覚える。だから低層階のユニットを選ぶというバイヤーは少なくない。階下にアメニティ・スペースを設けて通りを走る車の音を遮断する構造にしたものや、窓ガラスに防音機能を持たせたものなど、最新のコンドミニアムは騒音対策がしっかりしてるため静かな環境も確保されており、高層階より低い価格で購入できる低層階のユニットに人気が集まっている。
 また庭付きのユニットを備え、コンドミニアムと庭付き一戸建てに住む両方の感覚を楽しむことができる、タウンハウスを低層階に設けたコンドミニアムなども最近は増えている。

低層物件のメリット

高層階よりお買い得

同じ部屋番号のユニットでも低層階は高層階より価格設定が低く、高層階のユニットと同様の広さを低い価格で手に入れられる。

賃貸収入の利益率に優れている

購入価格が高層階より低いにもかかわらず、高層階とさほど変わらない家賃収入が得られる傾向があるため、高層階より利益率が高い。

緊急時は避難が早くできる

緊急時にエレベーターが停止した際やエレベーターが混み合いなかなか来ないときも、低層階なら階段を使って上り下りができる。

価格設定が低く売却しやすい

一棟のコンドミニアム全体で比較したとき、価格の低い低層階ユニットは買い手がつきやすく、流動性の高さという点で優れていると言える。
 

低層物件のデメリット

建物がビューを遮断

周囲に高層の建造物があると、立地によっては近隣建物で部屋からパノラミック・ビューが望めなくなる場合がある。

外部からの不安要素

隣接して立つ建物からの目が気になる、外部からの侵入が不安になるなどプライバシーとセキュリティ面に不安を感じることも。

外部音が気になる

コンドミニアムの立地や構造によっては車の音や通行人の声が聴こえすぎる場合があるので、外部音が気になる人には向かない。

虫嫌いの人は要注意

年間通して温暖なハワイは虫やトカゲなどの爬虫類も多い。10階以下の部屋では窓を開放していると害虫などが外から舞い込むことがあるので注意。

 

高層コンドミニアム住人のリアルな声

ヒトミさんからのコメント


眺めは最高!怖いのは「故障」
【こんなところが◎】 高層だと海の眺めが最高。毎日海を眺められると本当に癒されます。これぞハワイ! というハワイらしさを存分に感じることができます。
【こんなところは×】 一度、エレベーターが故障したことがあり、その時に階段での上り下りがキツくてキツくて…。故障はいまだに恐怖を感じますね(笑)。(料理研究家。ハワイ在住13年。現在の住まい38階)

 

N.Y.さんからのコメント

毎日変わる、飽きることのない表情
【こんなところが◎】 海やダイヤモンドヘッド、夕陽、花火と景色が毎日変わり、飽きません。景色に誘われ、海に入る回数が増えたのでさらに健康になりました(笑)。
【こんなところは×】 風通しがよいのはいいのですが、強風の日は、ドアの開閉にも一苦労するほどの風圧です。歳を取ったら大変だろうなと思います。
(Web編集長。ハワイ在住8年。現在の住まい34階に1年半)

低層コンドミニアム住人のリアルな声

立花一雲さんからのコメント


「地に足の着いた」生活を実感
【こんなところが◎】 文字通り「地に足が着いている」という自覚を持つことができます。また外に行くのが面倒ではない点も良いです。
【こんなところは×】 やっぱり高いところからハワイの景色を眺める魅力は捨てがたいところ。素敵な時間なんだろうな〜と想像を巡らせています。
(会社経営。ハワイ在住3年。現在の2階の住まいに2年)

 

E.I.さんからのコメント。会社経営。


アメニティにすぐ行ける便利さ
【こんなところが◎】 すぐ外に避難できる安心感。プールなどのアメニティエリアに階段で直行できるのも便利で気に入っています。
【こんなところは×】 エレベーターで階数ボタンを押すときに、同乗のほかの人に「勝ったな」と思われていると思います(笑)。
(ハワイ在住9年。現在の9階の住まいに6か月)



 

いかがでしたか?あなたのコンドミニアム選びの参考になりますように!

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる