ハワイで家を借りる・賃貸物件を探す方法・手続きなど

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • メール

住宅購入の予定がない場合は賃貸物件を探すことになります。 ハワイでの一般的な住宅の賃貸方法をご紹介します。ハワイにおける賃貸物件の探し方は、次の2つが代表的です。

1)ハワイの賃貸物件をインターネットで探す

インターネットが発達した現代、賃貸物件もネットで探す人がほとんどです。良い物件は、早いもの勝ちである場合も多いので、毎日ネットをチェックして、これはと思う物件を見つけたら、すぐに電話かメールで広告を出したオーナーや不動産会社と連絡を取りましょう。

ネットの掲載物件の中には、「SCAM(スキャム)」と呼ばれる詐欺目的のものもあります。必ず家主がハワイに住んでいるかどうかを確認した上で、物件を内覧してから決定してください。内覧前にデポジット(預かり金)を要求された場合は、詐欺とみた方が良いでしょう。

【賃貸物件が紹介されているウェブサイト】

  • 「ハワイに住むネット」
    トップページの「不動産」から「賃貸物件を探す」をクリックすると、日系不動産会社が管理する物件を多く見ることができる。
  • 「craigslist」craigslist.org
    米国で最も良く利用される無料の情報系ウェブサイト。ハワイの欄にアクセスし「housing」の中の「apts/housing」を見ると様々な賃貸物件が閲覧可能。左欄に希望の家賃や間取りなど検索条件を入れて、検索ボタンを押すと、希望に沿った物件が出てくる。スキャム物件もあるので要注意。

2)ハワイの賃貸物件を新聞の日曜版で探す

賃貸物件を所有するオーナーの中には、ローカルのお年寄りも多く、インターネットよりも新聞を利用することを好む場合もあります。

地元新聞「ホノルル・スターアドバタイザー(HonoluluStar-Advertiser)」の日曜版のクラシファイド欄にも、多くの物件が出ていますので、こちらも忘れずにチェックしましょう。

ハワイ ワイキキ コンドミニアム 賃貸物件 hawaii waikiki condominiums

ハワイで物件を借りる手続きと優良物件を見つけるコツ

住宅を借りる手続き

住宅を借りる際の手続きは、オーナーから直接借りるか、不動産会社が管理している物件を借りるかで大きく異なります。

オーナーから直接借りる場合、簡易契約書に必要な情報を記入して署名するだけの場合も多いですが、銀行の残高証明書や、クレジットレポートの提出を求められることもあります。オーナーが貸し出す物件の場合、オーナーが同じ敷地内、または建物内に住んでいる場合も多く、経済的条件の他に相性や好感度も重要なポイントです。

不動産会社が管理する物件を借りる際には、正式な賃貸契約書に記入し、署名する必要があるほか、クレジットレポートやペイスタブ(給与明細書)の提出を求められ、テナントとして適した人物か審査が行われます。この場合は、申し込み者の中から最も先方の希望に合う人物が選ばれます。

どちらの場合でも、契約の際に通常は家賃1か月分に相当するデポジット(預かり金)、および借り始める月の家賃1か月分を先払いします。

優良物件を見つけるコツ

賃貸物件自体の絶対数が少ないホノルル都市圏での物件探しは容易ではなく、また子供がいる家庭では、物件自体の良し悪しだけでなく、周囲の住環境や小中高校の学校区、至便性など考慮すべき点は多くあります。

自分と家族に合った優良賃貸物件を見つけるために、地理や交通の便、学校区、周囲の環境などをリサーチして、どの地区に住みたいか、子供をどの学校に通わせたいかなどのチェックリストを作成しておきましょう。

米国でのクレジットおよびレンタルヒストリーがない場合、最新の銀行残高証明書や、知人・職場の上司などの名前や電話番号、推薦文などを準備しておくと万全です。

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる