ハワイで家を購入する際の基本的な知識と購入のプロセス

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • メール

ハワイで家を購入する際の基本的な知識と購入のプロセス

更新日 2018.09.29

ハワイで不動産を購入する際の基本的な知識と購入のプロセスについてご紹介します。

1)ハワイの不動産エージェント(リアルター)を選ぶ

ハワイでは、不動産市場に出ている物件が、MLS(物件登録番号)で一元管理されており、有効な不動産売買免許を持つ不動産エージェントは、管轄地域内(この場合はオアフ島)の全物件を取り扱えます。
そこでハワイの不動産エージェント選びで重要になってくるのが、1)ハワイに関する深い知識、2)物件の分析力、3)対応力、4)売主側エージェントとの交渉能力の高さなどです。電話やメール、直接会うなどして信頼できるエージェントを見つけましょう。

2)ハワイで購入する候補物件を選ぶ

ハワイの不動産は、土地や建物全てを所有する「フィーシンプル(FS)」と、期限付きで土地と建物をリースする「リースホールド(LH)」の2つに分かれます。

また物件には、土地、一戸建て、コンドミニアム(日本のマンションに相当)、タウンハウス、アパートメントなど様々な形態があります。

候補物件を選ぶ前に、どのタイプの不動産を購入したいかを考え、どの地域、どの学区がいいのかを調べましょう。同じ地域でも、住所により学区が異なる場合もありますが、あまり範囲を狭めると物件が探しにくくなる場合もあるので、希望を伝えつつエージェントのアドバイスを受けて、候補を探しましょう。

ワイキキ コンドミニアム アラワイ運河 不動産  hawaii condominuum condo alawai

3)ハワイで不動産物件を内覧する

ハワイでの不動産購入の際は、周辺環境も含めて、現地の見学と物件内覧が重要です。中古物件の場合は、設定された日時に自由に見学できるオープンハウスもありますが、オープンハウス中でなくても、自分の不動産エージェントに内覧したい日時を伝えれば、売主側エージェントに設定してもらえます。新築物件の場合、通常の場合間取りや、設備仕様が分かるモデルルームが用意されています。

気に入った物件があったら、すぐ購入申し込みが出来るよう、あらかじめローンの承認を受けるなど購入資金の準備を済ませておきましょう。

4)ハワイで不動産物件の購入を申し込む

ハワイで内覧して購入したい物件を見つけたら、売主側のエージェントに購入の意思と、購入希望価格を伝える「オファー」を提出します。「オファー」は、すぐ売主に受け入れられる場合もありますが、受け入れられない場合は、双方が納得するまで何回かやり取りを行うこともあります。

5)ハワイの不動産物件の売買契約を締決する

「オファー」が、売主に受け入れられたら売買契約の合意を行います。この後、エスクロー口座開設、手付金の支払い、家屋調査実施など、様々な手続きを行います。

エスクロー口座内で、売買金額のやりとりが終わり、手数料などその他必要な費用も支払われたら、移転登記が完了して、エスクロー口座が解約され、物件購入手続きが完了します。

ハワイでの不動産会社・不動産エージェントの情報の入手方法

このウェブサイトの他、ハワイで配布している「ハワイに住む」のフリーマガジンで詳しい情報を得ることできます。

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる