ハワイでビジネス保険に加入する際の基本事項・種類と必要性

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • メール

ハワイでビジネス保険に加入する際の基本事項・種類と必要性

更新日 2018.09.28

ハワイでビジネス経営をする際加入を考えたいビジネス保険。ここでは基本事項について説明します。

米国は訴訟大国といわれ、いつ、何が理由で誰から訴えられるか分かりません。ハワイも例に漏れず、ビジネスを興す際は、業種によってビジネス保険加入が必要な場合もあります。ビジネス保険加入の際は、まず業種やビジネスの規模、業務、リスク内容などの情報を保険ブローカーに伝え、保険補償内容を相談の上で、ブローカーが複数の保険会社からの見積もりを取得し、契約の手続きを案内します。

ハワイ ビジネス保険 hawaii business insurance

ハワイのビジネス保険の種類と必要性

ハワイで店舗やオフィスのリースをする場合に必要となるのが、「損害賠償責任保険(Commercial General Liability Insurance)」です。この保険は、施設・事業活動遂行、生産物・完成作業に起因する対人・対物事故について、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して、保険金が支払われる補償です。

リース時に建物のオーナーまたは不動産会社からこの保険の加入証明提出を求められ、未加入の場合は入居を拒否されます。また個人のツアー業や、出張マッサージ業など、店舗やオフィスがなくても、ビジネス保険加入の必要性がある業種は多くあります。

前述の損害賠償保険や「財物保険(Property Insurance)」など、複数の保険を1つのポリシーにした「パッケージ保険」や、スモールビジネスまたはレストラン経営者向きの「ビジネスオーナーズ・ポリシー(BOP)」なども選べます。

また、医師や弁護士、不動産エージェント、会計士などの職業で、過失により損害を被った顧客から訴えられる可能性がある場合は、「専門職業倍賞責任保険(Professional Liability Insurance)」への加入がお薦めです。

従業員がいる場合、ハワイ州では法律で「労災保険(Worker's Compensation)」「一時的障害保険(Temporary Disability Insurance)」への加入が義務付けられており、未加入の場合は罰金が課せられます。

ビジネス保険は資産を守るためのもの

ビジネス保険は、個人用の保険と異なり内容が複雑ですが、ハワイを含む米国でビジネスを経営する際は、自分自身とビジネス、そして資産を守るためにも、必ず考慮しなければならないことの1つです。起業や業務・補償内容の変更の際は、まず保険ブローカーに相談しましょう。

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる