グリーンカード(米国永住権)を更新する

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • メール

グリーンカード(米国永住権)を更新する

更新日 2018.09.27

グリーンカード(米国永住権)は10年ごとに更新する必要があります。更新のタイミングとステップについてお伝えします。

green card passport グリーンカード更新

グリーンカード更新のタイミング

グリーンカード(I-551)に記載された有効期限が6か月以内になったら、更新の手続きを始めることが可能です。すでに切れてしまったという場合でも、米国内に居住する場合は、更新が可能ですが、移民法が変更されることもあり得るため、なるべく切れる前に行いましょう。運転免許証やIDカード更新などにも影響しますので、早めの手続きをお薦めします。過去に逮捕歴があるなど問題が考えられる場合は、申請前に移民弁護士に相談してください。

また、更新が却下された場合は、米国移民局(USCIS)より理由を記した通知が届きます。却下されても、USCISの判断に異議を唱えることは可能ですが、移民弁護士を通して正式に行うことをお薦めします。

ネットで出来るグリーンカード更新 

グリーンカードの更新は、オンラインでフォーム「I-90」を提出するか、あるいは同じ「I-90」を郵送することにより行えます。

グリーンカードの更新をオンラインで行う場合

コンピューター上に記録が残るので、より安全といえるでしょう。もし米国外にいて、グリーンカード更新の手続きをする前に期限が切れた場合、そのままI-90を提出することは出来ません。最寄りの米国大使館、またはUSCISにコンタクトしてください。有効な再入国許可書を保持している場合、期限が切れていても入国は可能です。 

2017年12月現在、グリーンカード更新費用は455ドル、バイオメトリックス費用(指紋採取、写真撮影)は85ドルで、申請費用として計540ドルが必要です。オンラインの場合は、クレジットカード、デビットカード、または銀行の小切手口座から引き落とすことが可能です。

グリーンカードの更新を郵送で行う場合

「I-90」の郵送先は下記の通りです。

  • 米国郵便局(USPS)利用した場合:
    USCIS P.O. Box 21262 Phoenix, AZ 85036 
  • FedEx、UPS、DHL利用の場合:
    USCIS Attention: I-90 1820 E. Skyharbor, Circle S, Floor 1 Suite 100 Phoenix, AZ 85034

支払いは、郵送の場合、小切手または米国マネーオーダーが可能です。

グリーンカード更新の手順 

グリーンカード更新の流れ

  • 1)I-90を提出、申請料支払い 
  • 2)USCISよりバイオメトリックスの日時指定
  • 3)指定された日時にUSCISオフィスで指紋採取・写真撮影
  • 4)新しいグリーンカード受領

グリーンカードの更新にかかる期間

更新申請後、バイオメトリックスの日時通知が来るまで約3~6か月程度、グリーンカード更新手続きが完全に終了するまでは、約1年前後かかります。

ハワイでバイオメトリックス(指紋採取)を行う場所

バイオメトリックス(指紋採取)と写真撮影終了後、カード裏に仮の延長期限が記載されるので、延長期間内に米国を出国し再入国することも可能です。ハワイ州の場合、バイオメトリックスの手続きは、カカアコのレストラン・ロー内にあるUSCISホノルルオフィスで行われます。

米国移民局USCIS・ホノルルオフィス
住所:500 Ala Moana Blvd., Suite 2-400, Honolulu, HI 96813

グリーンカード更新申請のステータス確認について

グリーンカード更新申請のステータスを確認したい場合は、USCISのウェブサイトで行えます。

USCIS・Case Status Online
ウェブサイト:https://egov.uscis.gov/casestatus/landing.do

 

【参考】
米国移民局(USCIS)

ウェブサイト:www.uscis.gov

【情報提供・監修】
ドナルド日谷弁護士
住所:220 South King St., #1680, Honolulu, HI 96813
電話:(808)526-1122
Eメール:lawoffice@hidani.com

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる