ワイキキのDFSが、改装工事後に再開予定 

ワイキキのDFSが、改装工事後に再開予定 

更新日 2022.08.25

2020年3月に閉店して以来、営業していなかったワイキキの免税店、TギャラリアbyDFSが、改装工事後に段階的に再開する予定であることが分かった。具体的な再開日時は発表されていない。

同ビルを2021年に2700億ドルで購入したハワイ地元の投資開発会社のブラックサンドキャピタルと、新たに18年にリースを締結したと発表された。

ブラックサンドキャピタルとDFSは今後数年かけて多額の投資をワイキキのDFSに投下する計画があるとしている。

DFS は 1962 年にホノルル国際空港で最初のハワイ空港オペレーションを開始し、米国で最初の免税店になったのち、1968 年にホノルルに初のダウンタウン ストアをオープンし、1975年にはワイキキ に旗艦店をオープンし、ハワイ旅行者にとってのランドマーク的スポットとして存在してきた。

ハワイの国際マーケットからの渡航規制が緩和されてきたことを背景に、大型リテールが再開へと動き出した。

◆9月11日東京にて【ハワイに住む】セミナー開催!

​3年ぶりに東京会場&オンラインで開催!
「ハワイ不動産・移住・ビジネス進出セミナー」 
ハワイの専門家10名が一挙来日してお届けします!
 



◆【ハワイに住む】ニュースレターで
ハワイニュースをダイジェストもお届けします!


お申し込みはこちらから(登録に必要なのはメールアドレスのみ)
登録特典あり!特典はこちらでご紹介しています!

 ・月一回配信
 ・一ヶ月のハワイニュース振り返り
 ・不動産市況や物件情報
 ・メルマガだけのオリジナルコンテンツなどお届けします。

不動産会社・
エージェントにお問合せ
閉じる