ハワイ(ホノルル)現地時間
2/25(土)01:46
Vol.28 [01/16~04/16]
ハワイに住む表紙・2016-2017-ハワイ経済とその展望
・西オアフの現状と未来
・ハワイ島&カウアイ島
・不動産セミナーに行ってみたバックナンバー集へ
編集部ブログ
バックナンバー
オススメ記事
不動産・別荘・バケレン
移住・暮らし快適サービス
弁護士・会計士・専門家
金融・投資・保険
叶えた人たち
ハワイヨガ体験記・風を切って走ろう
ハワイの未来を創り出すキーパーソン
"ハワイ在住ママたち"が語る

ハワイの治安を守る
ホノルル警察初の日本人女性警察官

Rumiko Taniguchi
谷口 るみ子 さん
【米国市民権】
ホノルル警察カリヒ署勤務。東京都出身。高校卒業後、NYのロングアイランド大学に留学。帰国後、インターコンチネンタルホテル勤務。コンシェルジュからマネージャーまで昇格後、11年間のホテルウーマン生活を捨て、ハワイに移住。ポリスアカデミー卒業後、2008年ホノルル警察初の日本人女性警察官として活躍中。

まわり道したけど夢が実現できて本当に毎日が幸せ!

祖父・父に継ぐ私は谷口家3代目の警察官。ただ普通の警察官の家系と違うのは、私がハワイで日本人初の女性警察官だということです。小さい頃から、七夕の短冊に「大きくなったら警察官になれますように」と書くような子どもでした。高校卒業後に4年間のNY留学とOPTを経験して帰国。ところが当時の日本の警察採用試験の年齢制限のため諦め、インターコンチネンタルホテル東京ベイのオープニングスタッフとして就職しました。その後、転勤でカンボジア、バリ島、オハイオ、アトランタと、計11年間の同ホテル勤務。最終的にはコンシェルジュからホテルマネージャーにまで登りつめました。それでも小さいころからの夢を諦めきれず、常にWEBで警察官募集のサイトを見る毎日。あるとき、ハワイでは米国市民でなくてもグリーンカードがあれば警察官になれるという募集広告を発見。すぐにホテルを退職し、スーツケース3個だけをさげてハワイに乗り込みました。そのときすでに35歳。国際的ホテルのマネージャーの職を捨てて、なれる可能性がわずかなこの挑戦に両親も含めて皆大反対でした。ホノルル警察に応募後、英語のテスト、バックグラウンドチェック、心理テスト、そして体力テストにパスしてようやく面接。うそ発見器(ポリグラフ)テスト、健康診断が終わり、6ヶ間のポリスアカデミーに入学しました。男女平等の厳しいトレーニングを乗り越えめでたく卒業。応募してから警察官になれるのはわずか約2~4%という狭き門でした。いまは朝4時に起きて6時には管轄地域をパトロールする毎日。交通違反から交通事故、けんか、殺人事件までなんでも担当します。警官になって5年目ですが、まだまだ新人。これからも努力して街の治安を守っていきたいと思います。  

昨年結婚した主人は、アカデミー在学中、毎晩犯人役になってもらうなどいろいろと協力してもらいました。次の夢は2人で世界中を旅行することですね
  • コンテンポラリー・イタリアンが味わえる 「ベルニーニ」
    ボンゴレパスタとパリパリ薄焼きピザが私のお気に入り!
    http://berninihonolulu.com/
    SHOP DATA
    Bernini Honolulu
    ベルニーニ・ホノルル
    1218 Waimanu Street(アラモアナセンターから徒歩3分)
    ☎(808)591-8400
    営業時間:
    火~日曜5:30pm〜11:00pm
    定休日:月曜日
2012/07/16発行 ハワイに住む掲載記事