ハワイ(ホノルル)現地時間
9/23(土)20:37
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
バックナンバー
オススメ記事
不動産・別荘・バケレン
移住・暮らし快適サービス
弁護士・会計士・専門家
金融・投資・保険
叶えた人たち
ハワイヨガ体験記・風を切って走ろう
ハワイの未来を創り出すキーパーソン
"ハワイ在住ママたち"が語る

理想的なサーフィンライフと
ファミリーライフをくれたハワイ

Tajima Teppei & MIE
田嶋鉄兵、 MIE 夫妻
【移住歴:4年】JUSTICEサーフボードのチームライダー。エアリアルサーフィンを得意分野とし、史上最年少の16歳でプロライセンスを取得。2007年~09年の3年連続でASPジャパンツアーチャンピオンを3連覇した日本を代表するプロサーファー。08年に結婚し、長男が誕生した直後ハワイに移住。現在は戦いの舞台を世界に移しASPプライムシリーズに参戦。トリプルクラウンにも参戦。

はじまりは M I Eが僕に打ち明けた ハワイに行きたいのひと言

結婚する前の僕にとって、ハワイと言われて思いつくのはノースショアの波乗りのイメージだけ。住みたい場所という感覚はなく、体育会系のノリで厳しく過酷な修行の場という捉え方で、あまり楽しいイメージはありませんでした。それが、MIEと一緒にハワイに来てワイキキ辺りに泊まってブラブラ買い物してたら「暮らすのも悪くないかなぁ」という気がしてきた。それでハワイに住もうと決めて、3ヶ月後にはハワイに移ってきました。
 英語は14歳から海外遠征していたお陰でとりあえず日常生活できるレベルですし、MIEはインターナショナルスクールを出ているので二人ともこちらの生活にすんなり入れました。当初心配していた日本食も、NIJIYAやドン・キホーテがあるのでまったく困りません。子供の学校や病院も、こちらで結婚されてる日本人のお母さんからMIEが情報をもらっています。長男がハイハイし始めた頃も、どこに行けば同じくらいの年齢の子どもたちと遊べるかなど細かく教えてもらったり、周囲の方にずいぶん助けてもらいました。
 ハワイで子育てをしていて感じるのは、日本よりも人が親切だということです。子供連れだと本当にみんなが優しくしてくれるんです。でも長男が保育園に行くようになって、厳しい現実があることも発見しました。
 保育園のオリエンテーリングでアメリカ社会にいることを実感しました。普段の生活は家庭の中もママ友とのコミュニケーションも日本と変わらないので、日本にいるような気がしてきます。でも学校では全てが英語だったことで、これは結構大変かもしれないと気づかされました。英語で会話ができても、教育の仕組みの違いには戸惑うことばかり。日本の学校教育で育っている親御さんたちはかなり苦労されてると思います(MIEさん)。
 でも子供に関して言えばうちの場合のように、日本の学校教育を経験する前に連れてきて、ハワイの教育システムに抵抗なく入って行かせる方法もあると思います。
 僕にしてみれば、毎日家族と一緒にいられて、ハワイの海がそこにあって、(ノースショアのサーフポイント)パイプラインでライディングできる。世界を目指す為に生活の基盤をハワイに移したことで、理想的なサーフィンライフとファミリーライフを送れていることに、本当に感謝しています。
  • 記念日のディナーはここで 「ル・ビストロ」
    ローカルに人気のしゃれたフレンチレストラン。オリジナリティ溢れる料理が好評です。
    SHOP DATA
    Le Bistro
    ル・ビストロ
    ニウバレー・ショッピング
    センター
    5730 Kalanianaole Hwy
    ☎(808)373-7990
    x17:00~21:00
    v火曜日
2013/1/16発行 ハワイに住む掲載記事