【"ハワイに住む"を叶えた人々】相原勇さん

【"ハワイに住む"を叶えた人々】相原勇さん

更新日 2018.09.28

 "ハワイに住む"を叶えた人々にインタビューするこのシリーズ。
今回はご結婚を機に、ハワイに移住された相原勇さんにお話を伺いました。

ハワイ 相原勇 

人生の折り返し地点で出会ったフライト。笑顔と情熱でハワイの空を駆け巡る! I Can Fly! が合言葉 ピーター・パン、NYそして今、ハワイで夢を叶える

 2年前、パイロットの友人から、ハワイに遊びにこないかと連絡があり、15 年ぶりにハワイにやって来ました。彼の紹介で、始めて体験操縦にチャレンジ。もともと空や飛行機が大好きだった私は、これがきっかけでパイロットの資格を取る決心をしました。方向音痴に加え、機械音痴の自分が、果たして飛べるのかどうか不安でしたが、人生の折り返し地点に立ち、今後の人生をサバイバルするには、何かに挑戦することで恐怖に打ち勝ち、自信をつける必要があったのです。
 

インストラクター、グラントさんのおかげで、自分の操縦技術に自信がつきました。
​​​​​飛ぶことの楽しさを改めて教えてくれたグラントさんに感謝


  ソロフライト、クロスカントリーのテストを順調に合格して、ついに最終試験を迎えました。マニューバリング技術の試験でしたが、このテストにはかなりのテクニックと時間、お金が必要と実感。しかし、訓練飛行一色の毎日に疲れていたので、少しはハワイらしいことを味わいたいと、フラやゴルフを始めました。そんな時、友人がお膳立てしてくれたゴルフで現在の夫と出会いました。パイロットの訓練で、最終目的地を決めて、そこに向かって進んでいくという考え方が身についていたので、夫との再婚も感情に流されることなく、未来を考えて決意することができました。

ハワイで夢が叶った! 十何年も前に着るはずだった、桂由美先生のウェディングドレスを着て。

  そして、2014年3月13 日にハワイで挙式。かつて、ハワイ出身の方と婚約し、ハワイに住む決心をしていたことが思い出され、今改めてハワイに縁があるんだなと思います。中断していたパイロットの試験も7月に再開。2014年9月13日、ついに最終試験に合格してパイロットの資格を取得。私の「独立記念日」となりました。

ハワイ 相原勇 
1年半休止していたフライト訓練も、サエさんのおかげで無事ファイナル試験を突破

一人で生きていくために決意したパイロットへの挑戦でしたが、今は素晴らしい伴侶も得て、ハワイで幸せな日々を満喫しています。
  今では笑顔でさらっと話せますが、実際は波瀾万丈の人生を歩んできたと思います。『ピーター・パン』を演じた時は、ピアノ線でスタッフが空を飛ばせてくれました。でも、今は本物の空を自分の力で飛んでいます。将来はパイロットの資格を活かして、フライトインストラクターになりたいですね。特に、出来ない人の気持ちがわかるインストラクターになりたいです。「情熱があれば必ず夢は叶うよ!」と伝えたいですね。

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる