ワイキキにある空中の豪邸、ザ・リッツカールトンレジデンス・ワイキキビーチ タワーⅠ #3307

ワイキキにある空中の豪邸、ザ・リッツカールトンレジデンス・ワイキキビーチ タワーⅠ #3307

更新日 2018.10.26

【今日の編集部ピックアップ物件】ハワイ不動産を毎日くまなくチェックしている「ハワイに住むネット」編集部が、気になる売り出し中物件を発掘してお届けしているこのコーナー。

今日は、つい先日新しくダイヤモンドヘッドタワーがオープンし、ハワイで今話題もちきりの ザ・リッツカールトンレジデンス・ワイキキビーチの物件をご紹介します。

ザ・リッツ・カールトン ワイキキ ハワイ

波うつガラスのファザードと積み木を重ねたようなデザインが素敵なこちらの二つのタワーが、ワイキキで最新のホテルレジデンス。高級ホテルの代名詞、ザ・リッツカールトンが手がけた ザ・リッツカールトンレジデンス・ワイキキビーチです。

ザ・リッツカールトン ワイキキ ハワイ

向かって左が2年前に建ったエヴァタワー、そして右がオープンしたばかりのダイヤモンドヘッドタワー。できたばかりのタイミングなので時期的にダイヤモンドヘッドタワーの物件を紹介したいところですが、残念ながらダイヤモンドヘッドタワーのお部屋はただいま完売状態。

というわけで、今回はエヴァタワーの売り出し物件に注目!
せっかく究極の贅沢が味わえるリッツカールトンなので、今、売り出されているお部屋の中で一番高額な物件、エヴァタワー#3307を見てみましょう。

このお部屋、3ベッドルーム、3バスルームで、そのお値段なんと$5,390,000(およそ6億円)!!!


それでは、まずは6億円のお部屋から見るワイキキのビューをご覧いただきましょう。

ザ・リッツカールトン ワイキキ ハワイ

38階建ての建物の33階から見る青いハワイの海と空、いかがでしょう?これだけでため息がもれますね〜。

シンプルなのに贅を尽くしたデザインの広々としたリビングルームの大きなソファに腰掛けると、壁一面の窓にはもうハワイの海と空しか映りません!

ザ・リッツカールトン ワイキキ ハワイ

こちらは最新鋭の機器が備わったカウンターキッチンとダイニングコーナー。お料理の途中にも、お食事中にも、目線の先にはもちろんハワイの海が・・・なんという贅沢!

落ち着いたテイストの快適なベッドルームからもこの景色。この景色があれば、もはやお部屋にテレビや絵画は必要ないかもしれません。

そして二つ目のベッドルームと、

ザ・リッツカールトン ワイキキ ハワイ

3つ目のベッドルームからはハワイの美しい山々と街の景色が楽します。

ザ・リッツカールトン ワイキキ ハワイ

こちらは大理石をふんだんに使ったバスルーム。ここには日本人には嬉しいウォシュレットや、

ザ・リッツカールトン ワイキキ ハワイ

深めのバスタブが設置されていて、まさにいたせりつくせり。

ザ・リッツカールトン ワイキキ ハワイ

とここまでで、室内面積はなんと199平米!広い!
そこにプラスして、こんなゆったりとしたラナイ(ベランダ)つき。
このラナイやリビングルームを使って親しいお友達だけを招待してホームパーティなんて素敵です。

この6億円のお部屋、まさに「空中の豪邸」です。

そして何と言ってもリッツカールトンなので、アメニティ設備も充実してます。
各タワーに一つづつあるおしゃれなインフィニティプールや、

最新機器のジムやゲストが自由に過ごせる多目的ルームなどなど。
さらに痒いところに手がとどくコンシェルジュサービスもあるので、まさに安心・快適のハワイステイですね。

最初は「6億円!!?それってどんな贅沢な部屋なの?」と思いましたが、
リッツカールトンのブランド力、シンプルなのに快適さを追求した贅を尽くしたお部屋のデザイン、アメニティ、サービスなどいろいろ考えてみると、「それくらいするよね〜!」と納得。

ザ・リッツカールトンレジデンス・ワイキキビーチでは、オーナーがお部屋を使わない時にホテルの一室としてゲストに貸し出しているのですが、編集部員の知り合いの方には、ホテルゲストとして滞在し気にいったので、後に一室購入された方も。この物件に興味を持たれた方も、まずはホテルゲストとしてお部屋の居住性を試してみるのも良いかもしれませんね。

この物件の詳細はこちらから>

(*リンク先が表示されない場合、売約済またはステータス変更が考えられます)

 

ザ・リッツカールトンレジデンス・ワイキキビーチの詳細はこちらから>

※こちらの情報は2018年10月26日現在の売出中物件の情報です。物件情報は常に変わる可能性があります。

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる