あなたに合うハワイの不動産会社選び/フレンド貴子さん ロケーションズ社にインタビュー

あなたに合うハワイの不動産会社選び/フレンド貴子さん ロケーションズ社にインタビュー

更新日 2019.01.31

ハワイの不動産エージェント・フレンド貴子さん(ロケーションズ社)にインタビュー

ハワイでコンドミニアムや不動産の購入の第一歩となるのは、実績や評判、キャリアなどの面で、パートナーとして信頼おける不動産エージェントを見つけること。今日は、フレンド貴子さん(ロケーションズ社所属)に、ハワイ不動産エージェントとしてのキャリアやお仕事ぶりなどをインタビューした。

貴子フレンド
現在、貴子さんが売り手側エージェントとして
売出中のカハラの邸宅でインタビュー
 

【プロフィール】フレンド貴子(RA)ロケーションズ 
法政大学経済学部を総代で卒業。英会話学校でのトップセールス、半導体ベンチャーでの役員などの職を経て、米国トロイ大学経営学修士修了したのち、メリルリンチ日本法人のシニアアナリスト直属で不動産業界分析に従事。家族の転勤にてハワイに転居したのち、2013年より不動産エージェントへ転身し、ロケーションズに所属。


 

母のための家探しがきっかけ。”自分ならもっとこんなサービスが欲しい”と思ったから、みずから不動産エージェントになりました。

編集部:今までのキャリアについて、教えて下さい。

大学を卒業したあとは、リテール業界や、ECCで英会話スクールの営業などを経験しました。ECCでは、営業マニュアルに頼らず、自分で工夫したシナリオでお客様のニーズをつかみ、商談後の契約率が98%と、当時の同僚の10倍以上の成約率となりました。自分はセールス、ビジネスに向いているんだなと、気づきを得た経験となりました。その後、半導体関連のベンチャー企業の役員や、経営学修士取得を経て、メリルリンチ日本支社に入社。当時のトップ不動産アナリストのアシスタントになり、エキサイティングな仕事に没頭していましたが、夫の転勤でハワイに来ることになりました。

フレンド貴子さん 



編集部: ハワイで不動産エージェントになったきっかけについて聞かせてください。

 本当を言うと、不動産エージェントになる気はなかったんです。最初は、自分が母と住むための家探しをしたのがきっかけでした。母は、私が生まれてすぐに父が他界したあと、女手ひとつで4人の子供を育ててくれた人。その母と住む大事な家なのだから、間違いないと思える物件を買いたいと思っていました。一方、不動産業界の分析業務に携わった経験から、投資・数字面でも納得感のある不動産を買いたかった。でも、当時出会った不動産エージェントの方には利回りなどを突っ込んで質問しても、今一つクリアな答えが帰って来なかったのです。だったら、と自分が不動産エージェントになる道を選びました。
 でも、今考えれば、経営学修士論文にも「ハワイ不動産」をテーマに選んでいたり、メリルリンチで不動産セクターに配属されたりと、自然とこうなる道だったのかもしれないですね。(笑)



 

チャンスを頂いたら、全力で。
そのお客様のために、市場に出る前の物件もひたすら探す


編集部:よく取り扱う物件はどのような物件でしょうか?またどのようなお客様が多いですか?

 幸いなことにお客様から、また別のお客様をご紹介頂くことが多いので、企業の経営者の方やそのご家族の方とのお付き合いが多いです。今まで販売した最高額の物件は$14ミリオン(当時の円換算で約16億円)ですが、そのクラスの不動産を求める方は、当然、エクスクルーシブなサービスを求めておられます。 期限を切って、私をエージェントとして選択するかどうかのテストのような期間を設定されることもあります。そういうチャンスを頂いたら、市場に出ている物件は当然ですが、まだ市場に出てくる前の物件情報なども、自分のネットワークを駆使して集めます。ロケーションズ社は最大手不動産会社のひとつなので、古株の不動産エージェントやブローカーも多く、分析力なども含め、会社から受けられるサポートも徹底的に利用し、お客様にはこまめにご提案・レポートをあげます。
 多くの件数の不動産取引をしている同僚を見て、すごいなあと思うこともあります。どれだけ動いても、契約が決まらなければ報酬ゼロとなるのがこの仕事。でも、私は自分のリスクを取ってでも、個々のお客様にエクスクルーシブに尽くす、このスタイルでやっていきたいと思います。


 

貴子フレンド
”担当しているこの家のオーナー夫人がピンクが大好きなので、
この家に関する仕事ではピンク色の服しか着ません”
徹底的にエクスクルーシブさにこだわる。


 

心に残る取引実績:
これだ!と思った家の購入に成功したお客様のうれし涙


編集部:印象に残るもしくは苦労した不動産取引について聞かせてください。  

 高級物件は、お金さえあれば買えるというものでなく、売り手・買い手が相互に選びあい、合意に至った結果、成立します。なので、交渉中の重要なミーティングに臨む時には、お客様のファッションについてもお願いをしたり、売出の時のステージング(家具や内装を内見用に整えること)についても、オーナー様のご家族交え、知恵を絞ったりもします。 そういった私の懸命な努力を見てお客様に信頼していただき、交渉の末、お客様がどうしても欲しかった物件を購入できたとき、お客様が泣いて喜んで下さったこともあります。そのお客様の喜びの姿を見る時が私も一番嬉しいです。 


 


いかがだったでしょうか。
おっとりした語り口でありながら、徹底的にお客様のニーズにフォーカスし、エクスクルーシブにお付き合いする、明確なスタンスをお持ちの貴子さん。
「それほど数字に強いわけではないんです」と謙遜されますが、貴子さんは、アメリカ全米ニュース専門チャネルCNBC主催の株式投資のコンペ「ミリオンダラーポートフォリオ」で全米4位になった記録も持つなど驚きのエピソードも飛び出しました。


 

そんなフレンド貴子さんにお話を聞いてみたい、という方は

こちらのリンクからどうぞ

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる