あなたに合うハワイの不動産会社選び/フランク・クラークさん リアルセレクト・インターナショナル代表

あなたに合うハワイの不動産会社選び/フランク・クラークさん リアルセレクト・インターナショナル代表

更新日 2019.03.05

フランク・クラークさん リアルセレクト・インターナショナル代表にインタビュー

ハワイでコンドミニアムや不動産の購入のプロセスの第一歩といっても過言ではないのが不動産エージェントを選ぶこと。その際気になるのは、エージェントの評判や実績だろう。今日は、ハワイで住居用不動産・商業不動産・開発プロジェクトなどを手がけるリアルセレクト・インターナショナル代表のフランク・クラークさんに、お客様とのお付き合いや、実績、ハワイ不動産業にかける思いなどをインタビューした。
 

【プロフィール】フランク・クラーク リアルセレクトインターナショナル代表
マサチューセッツ州ボストン生まれ。ロードアイランド州ブライアント大学卒業。ゴルフ場のゴルフ・オペレーション・マネージャーを経て1997年、PR・マーケティングを行うトータルビジネスコンサルティング会社「C.G.インターナショナル」を設立。アジアからハワイ不動産への投資や日本のディベロッパーのハワイ進出のサポートなどを手掛け、2010年「リアルセレクト・インターナショナル」を設立。商業不動産を求める顧客に各種サービスを提供し、最新ではワイキキ横丁プロジェクトを成功に導いた。日本人の母親を持つ日本語と英語のバイリンガル。

ハワイ リアルセレクト

僕はたたき上げのSelf-Made Man。
言ったことはやる、有言実行タイプ。

 
編集部:今までのキャリアと会社設立について教えて下さい。
 僕はボストン生まれ、アメリカ人の父と日本人の母のもと、ミリタリーの家庭で育ったんです。大学を卒業したあと、日本語を使うチャンスがある場所で、ゴルフの練習をいつでも思い切りできる場所と思いハワイに引っ越してきました。それ以来、ハワイに住んで30年になります。
 ハワイに来てからは、いろんな仕事をやりました。地元ネットワークの強いハワイで、人脈作りもゼロからです。30歳の時に前々から宣言していた「絶対30歳で独立するんだ!」という夢を有言実行して、マーケティングやコーディネイトの仕事を手がける会社を設立しました。

編集部:そこからどうして不動産業界に転身されたのでしょう?

 少しずつ日本からハワイに進出したいという方のビジネスの相談が増えてきました。
 ハワイに進出するなら調査やコンサルティングが必要、そしたら次は不動産探し、ビジネスがスタートしたらマネジメントのサポートも要る・・・という風に、カバーする領域が広がっていったため、2010年、ついに2社目の会社を設立しました。それが、「リアルセレクト・インターナショナル」です。人のご縁を大切にし、お客様のニーズにお応えすべく、一生懸命取り組んでいます。

地元に根ざしたネットワークと、幅広い経験で
5つの事業領域を展開しオールラウンドに対応 


編集部:そんな会社の強みは何でしょうか?

 ハワイの社会に根ざした強力なネットワークがあることだと思います。またそれに関連することですが、日本人ネットワークだけではなく、様々な方と繋がりがあるので、不動産売買や投資における情報をどこよりも早くキャッチしてお客様にお届けできます。
 さらに住宅物件だけでなくフードコート「ワイキキ横丁」を立ち上げたり”ジョンマスターオーガニック”や”カポレイゴルフクラブ”などといった有名各企業の進出に携わるなど商業物件の経験も数多く、開発プロジェクトにも携わってきたため、どんなお客様のご要望にもお応えできるのが強みだと自負しています。

 


編集部:よく取り扱う物件について教えて下さい。またどんなお客様が多いですか? 

 現在は、商業不動産、住居用不動産、投資、コンサルティング、高級コンドミニアムに特化したバケーションレンタル、という5つの事業領域でビジネスを行っています。
 取り扱う領域が幅広いので、物件が偏る、ということはないですね。「リアルセレクト・インターナショナル」は現在社員8名ですが、それぞれの領域に強みをもったプロフェッショナル集団なので、お客様のどんなご要望にもオールラウンドにお応えできるのが強みです。
 お客様には恵まれていて、ほとんどが紹介ベースです。今までの仕事で知り合ったみなさん、たとえばゴルフで知り合った方たちや、芸能関係、スポーツ選手、ビジネスオーナーや、ドクターなど、本当に色々な方と仕事をさせてもらっています。目の前の1件ずつのビジネスに集中して、それぞれのクライアントにご満足頂くことで、次につながってきたので、これからも1つ1つを大切にしたいと思っています。

印象に残る取引:
「リアルセレクト・バケーションズ・アット・ザ・リッツ・カールトン・ワイキキ」をスタート


編集部:印象に残る、もしくは苦労したお仕事について聞かせてください。
 ハイエンドな物件だけを取り扱う、バケーションレンタルサービスを弊社では「バケーションスイート」と呼んでいます。そしてその事業の一環として2018年11月から「リアルセレクト・バケーションズ・アット・ザ・リッツ・カールトン・ワイキキ」をスタートすることができました。
 前々から大きなチャンスがあると思って、アプローチして交渉しました。 
 2019年2月現在、外部会社としてバケーションレンタルを行っているのは、弊社だけです。




いかがでしたでしょうか?

どんな仕事も情熱を持って、パワフルに成功させてきたフランクさん。アメリカ育ちのバイリンガルでありながら、日本人の心が分かる明るいお人柄が魅力です。

「ハワイに住むネット」では、フランクさんが手がける「バケーションスイート」についても、詳しくレポートをアップする予定です。

リアルセレクト・インターナショナル社のフランク・クラークさんに

お話を聞いてみたい方はこちらのリンクからお問合せをどうぞ!
 

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる