Vol.1 ANAの成田ホノルル便となる世界最大「エアバスA380」機体を徹底研究シリーズ

更新日 2019.04.15

2019年5月24日いよい就航 ANAの成田ホノルル便となる世界最大「エアバスA380」の機体。さまざまな新サービスを詰め込んだ新機体の徹底研究、詳細をお伝えするシリーズ連載6回。
今日はその第1回として、大注目の新シート「カウチシート」をレポートする。

ハワイへのA380初就航迫る!2019年5月24日

世界最大のジェット機「A380」導入でハワイ線に革命を起こすANA。日本・ハワイの旅行業界から熱い視線が集まる初就航が2019年5月24日と、間近に迫った。

ウミガメ(ハワイ語でホヌ)をモチーフに、特別デザインを施したA380機は「フライングホヌ」という愛称で呼ばれている。5月24日に就航するのは、ハワイの空をイメージした「ANAブルー」カラーの機体となる(下記画像手前)。次いで7月1日からは、ハワイの海を想像させる「エメラルドグリーン」カラーの機体が就航予定が決まっている(左)。最後の一機、ハワイの夕陽カラーの「サンセットオレンジ」機も順次就航予定だ(左奥)。 

A380 ANA フライングホヌ

「4席分を二人で利用」も可能なカウチシートに注目!

いよいよ5月24日から就航する全日空 (ANA)の「エアバスA380」。「世界初」の総2階建ての客席スペースを持ち、乗客数はANA便の場合で実に520人。“ジャンボジェット”の愛称で親しまれたボーイングB747機よりさらに大型の機材で、世界最大となった。今回6回連載シリーズとして、この話題のA380機を研究していきたい。  

 ANA便には、2階にファースト、ビジネス、 プレミアムエコノミーの上級クラスを配置。 サービス拡充と共に座席数も従来の14席 から73席に増えたプレミアムエコノミーに関しては別の機会に詳しく解説したい。

 1階 には323席のエコノミー席、60席の新導入と なる新エコノミー「ANAカウチ」が並ぶ。特に注目はこのカウチ席だ。レッグレストを上げるとベッドのようになる座席で、あぐらをかいたり、横になったりできる仕組み。シーツマットや枕も借りられる。

ANA AN380  ハワイ 買う地シート

ANA A380 カウチシート
フットレストをあげ、フラットにした状態


ユニークなのは、 席数より少ない人数でも追加料金を支払え ば3席または4席をまるまる利用できること。例えば、3席カウチを2名で利用する場合、7月11日までの就航記念キャンペーン 期間なら9,500円、ローシーズンで19,000円、ハイシーズンで49,000円を運賃に追加して支払えば利用できる。4席カウチを2人で使うことも可能だ(キャンペーン期間で52,000円追加)。7月中旬出発の場合、4席カウチを3人で利用したほうが、プレミアムエコノミー席を3人分購入するより安くなる計算だ。  

 

A380 成田―ホノルル便 運航ダイヤ 

今後、5月24日~6月中は週3便となり、7月1日から2機体制の週10往復体制となる。最終的には3機体制になる。運航ダイヤもホノルルから出発日は朝食をハワイでゆったり取れそうなお昼出発。旅の選択肢が増えたのは嬉しいかぎりだ。

ANA ハワイ AN380 運航ダイヤ

※NH182、NH181は7月1日からA380で運行開始。
※5月24日~6月30日の間は、NH184・183のみ週3便(火・金・日)
 7月1日以降、 NH184・183は毎日、NH182・181は週3便の計10便となる。

詳細はこちらのANAのホームページを参照。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/hawaii24/

https://www.ana.co.jp/ja/us/

関連キーワード

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる