契約編4・物件調査(インスペクション)について

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • メール

契約編4・物件調査(インスペクション)について

更新日 2018.09.01

購入の基本合意が出来たあと、買い手にとって心配なのは「問題のある物件ではないか?」ということ。ここで問題があればキャンセルができます。一番重要視されるのが、物件調査(インスペクション)です。
 



あわせて読みたい>



 

ハワイ不動産購入前の物件調査(インスペクション)とは

売り手は、資格をもったインスペクターを売り手負担で雇い、納得いくまで物件について調査する権利があります。買い手のエージェントが信頼しているインスペクターを紹介してもらうのが一番よいと思います。
インスペクターは主に、エクステリア、インテリア、構造、電気系統、水回り、その他と項目を分けて、細かく物件を調べていきます。
レポートは十数ページにもわたり、こんな感じで、問題個所は写真つきでメールで送られてきます。上がってきます。この写真は、過去の水漏れによる、作りつけの家具のダメージ個所を指摘している例です。

壁・床、作りつけ家具などの割れや歪み、排水や水圧の確認、水漏れ、カビ、電気の配線など、数時間がかりで、修繕したほうがいいところ、危険と思われるところをプロの目で洗い出してくれます。中古物件の場合、なにもない!ということはありませんが、このレポートの結果、思っていたより程度が悪いとか、価格に見合わない、と思えば、このインスペクション結果を受けて、期限内であれば、ペナルティなしに、キャンセルするかどうかを買い手が判断できます。またこのインスペクション結果をうけ、売り手に修理や、その分の費用値引きを要求するなどの交渉材料にもなります。

シロアリ検査(ターマイトインスペクション)

そのほか、シロアリ検査(ターマイトインスペクション)も行うケースが多いです。こちらもシロアリ専門のインスペクターを雇って、通常、売り手負担で行われます。もしシロアリがいた場合、売主負担で駆除となります。生きているシロアリが確認され、それが物件価値に大きなダメージを与える、と判断した場合には期限内にキャンセルができます。

中古物件であれば、完璧な状態、ということはありえません。それをよく調べて、理解した上で、それでも買いますか?と再確認するプロセスが、この物件調査(インスペクション)です。買い手の納得感に配慮した仕組み、買い手に手厚い取引ルールと言えるでしょう。
 

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる