【BLT ステーキ】本田直之さん:シェフが食べて欲しいのはこの一皿、それに合うのはこのお酒。

【BLT ステーキ】本田直之さん:シェフが食べて欲しいのはこの一皿、それに合うのはこのお酒。

更新日 2018.10.08

本田直之さんがガイドするハワイのレストランシーン。連載「シェフが食べて欲しいのはこの一皿、それに合うのはこのお酒。」今日は「BLT ステーキ」から、おすすめの一皿と、とっておきのペアリングのお酒をご紹介します。

BLTステーキ 本田直之

本田直之さん
  レバレッジコンサルティング(株)代表取締役社長兼CEO。日米のベンチャー企業への投資・育成事業を行う。著書は累計300万部。トライアスロンチームAlapa主宰。明治大学、上智大学非常勤講師。(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。


 2004年ニューヨークで創業し、『ニューヨークタイムズ』で2つ星を、『ニューヨークポスト』では3つ星を獲得。独自のスタイルとフランス料理のテクニックを盛り込んでアメリカン・ステーキハウスのイメージを一新させた名店。ハワイ店では、USDA格付け最高位のプライムグレードのステーキはもちろん、シェフ・ド・キュイジーヌを務めるフレッド・ディアンジェロ氏が目利きした魚や野菜など、地産の食材を用いた料理の数々も楽しませてくれる。
 

BLTステーキ 本田直之
Porterhouse 36 oz
ポーターハウス/骨付きリブロース $105(2人前)
Onion Rings
オニオンリング $13
BLTステーキ 本田直之
Tuna Tartare
マグロのタルタル/アボカド&
ライム醤油ドレッシング添え $22


この店で料理のカップリングに本田氏がチョイスしたのはこの2本。
 

BLTステーキ 本田直之
CHARLES HEIDSIECK, RESERVE BRUT
シャルル・エドシック
ブリュット・レゼルブ $168(シャンパン/白)
ANTINORI TIGNANELLO – 2012
アンティノリ ティニャネロ 2012年
$325(サンジョヴェーゼ/赤ワイン)

「日本ではあまり知られていないがノンヴィンテージではダントツ」と絶賛する「シャルル・エドシック ブリュット・レゼルブ」。40%は平均で10年の熟成を経たリザーヴワインを使用した複雑で深い味わいだ。そしてステーキに合わせたのは肉の産地でもあるイタリア・トスカーナの名門アンティノリの逸品、肉料理に寄り添うしなやかな味わいの「アンティノリ ティニャネロ 2012年」。

価格とクオリティに優れたこの2本が、美味しい料理の味わいをいっそう豊かに堪能させてくれることだろう。
 

BLTステーキ 本田直之

【BLT ステーキ】

223 Saratoga Rd(トランプインターナショナル・ホテル&タワー・ワイキキビーチウォーク1階)
☎ 808-683-7440
17:00~22:00(日〜木)
17:00~23:00(金・土)
16:30〜18:30(ハッピーアワー)
休み 無休

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる