新築!カピオラニレジデンスの2ベッドルーム

【今日の編集部ピックアップ物件】本日のハワイ不動産注目の物件は、2018年秋に竣工、入居がスタートしたばかりの新築マンション、カピオラニレジデンスコンドミニアム#3511、$950,000。この物件は、ハワイ移住やハワイ長期滞在で利用するコンドミニアムを探している方におススメしたい物件です。

カピオラニレジデンスは、2016年に発売され、大人気となったコンドミニアムです。その全ユニットのうち60%が地元住民向けのアフォーダブルハウジングとして、市場価格よりもお手頃な価格で売り出されたことで注目があつまりました。この秋ようやく竣工しました。

海側からの眺望は、アラモアナセンターごしなので、低層となり抜けがよいですね。

リビングは白をベースに、キャビネット等は明るいグレイのモダンなトーンでまとめられています。
ハワイのコンドミニアムは古いものも多いので、キャビネット類の色合いがダークで重たい印象の部屋や、ラタンなどいかにもトロピカルな感じの家具を使っていたりするものが多いですが、さすがそこは新築、軽やか・クリーンないまどきの雰囲気です。

上の写真、リビングルームからは、シティビューなのですが、このユニットで最高なのは下の写真、ベッドルームからのオーシャンビューでしょう。毎朝この景色で目が覚める、という贅沢があなたのものに・・・

こちらのコンドミニアムは、アメニティが比較的シンプルで、バーベキューエリアとパーティルームとカバナのみ。その分、管理費が安くなっています。またこの物件は、駐車場が2台分付いています2ベッドルームユニットでも、駐車場が1台分というユニットも多いので、もしも投資物件として購入し、レンタルに出す場合にも、車2台持ちの共働きファミリーなどの借り手が付きやすい好条件となるでしょう。

先ほど、アフォーダブルユニット(地元住民向けに割引価格で販売しているユニット)が60%ということは、住民があまり頻繁に入れ変わらないということです。たとえば、大型のホテルコンドミニアムなどは、ホテルライクな雰囲気がある半面、いつも知らない人とエレベーターと乗り合わせ、隣の人も毎日のように変わったり、バケーションで来ているゲストが騒いだり、ということもあり得ます。ハワイ移住や長期滞在を考える人であれば、ある程度落ち着いた環境で「ハワイ暮らし」を実感できるコンドミニアムを選ぶのもよいのでは。その点でおすすめしたい新築コンドミニアムです。

この物件の詳細はこちらから>
(*リンク先が表示されない場合、売約済またはステータス変更が考えられます)

※こちらの情報は2018年12月18日現在の売出中物件の情報です。物件情報は常に変わる可能性があります。

このコンドミニアムの詳細はこちらから>

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる