ハワイで挑む インテリア 第1回

ハワイでコンドミニアムを購入。次のハワイ滞在までにインテリアを整えたいけどどうすればよいか勝手がわからない!そんなときハワイ現地のインテリアデザイナーに依頼するかたが増えています。
物件のリフォーム施工も含めてトータルでお世話してくれるデザイナー、実際のコーディネート例を見せていただきながらお話を伺う3回シリーズ記事。

第1回目の今日は 【muro design】山室美和さんによるリフォーム例です。
 

muro design 山室美和

オーシャンフロントという立地を最大限に生かした大人のビーチハウス
 

今回のお部屋があるのは、ワイキキの喧騒から離れた静かなカイマナビーチにほど近いコンドミニアム。この物件は200平米以上という広さと最高の眺望を持つ希少なコンドミニアムながら、築年数が古いゆえにエアコンが設置できない、天井が低く外光が入りにくいなどの悪条件があった。

まずはリノベーション前のお部屋をご覧いただこう。
【Before】
床はカーペット。ベランダには黒い柵。海とは対照的に室内は暗かった。 
山室さん:
 最初にお客様のお部屋を拝見したときの印象は「海の目の前なのにインテリアが暗くてもったいない!」。オーナー様も特にそこを気にされていたので、明るさと開放感をもたらすようアイデアを駆使しました。



 

こちらが、生まれ変わった、リノベーション終了のお部屋。
「とにかく明るく」というオーナーからの希望を考慮し、リビング・ダイニングスペースの天井は温かみのあるウッドパネルと間接照明で立体感を出した。また極限まで天井を高くするため特注の薄型LEDランプを使用。海風が心地よく漂う明るく開放的なスペースへと生まれ変わった。改装前の写真と比べて、各段に天井が高く感じられる。

【AFTER】
改装後の生まれかわった部屋

リノベーション成功の大きなカギとなったのが寝室から海側のリビングルームまでをつなぐ開放窓の導入。ひとたび窓を開ければエアコンがなくてもトレードウィンドが流れ込むよう工夫した。海をさえぎるものがないラナイは、いつまでも海を眺めて過ごしたくなる居心地のよい空間へと、アップグレード。
 

【AFTER】
元々ベランダに設置されていた黒い柵をガラスの柵へと変更。
室内から海まで一体になった究極のオーシャンビュー。
山室さん:
ラナイの柵や天井のリフォームと、家具や小物などのセレクトによって生まれ変わったお部屋にオーナー様も大変ご満足されていました。

またキッチンもリビングルームに向かって解放するアイランド型を選択し、部屋に一体感をもたらしている。

【AFTER】
カウンターやアイランドキッチンを取り付け、
キッチンからも海を一望、贅沢な空間へ。
【Before】
改装前は壁に囲まれ独立していたキッチンスペース。​​​​​​

「ビーチハウスのような遊び心を持った空間に」仕上げたいというリクエストには、ラナイのハンモックや小物で海のエスプリをプラス。

【AFTER】
大人の遊び心あふれるプレイルーム
【AFTER】
随所に海を感じさせるエッセンスをちりばめて

将来の用途の変化にも対応できるよう、世代を超えて長く愛せるインテリアコーディネートを完成させた山室さん。あなたハワイ不動産を居心地、住み心地のよいものにしてくれるにプロの手を借りるのが、一番の近道。まずはご相談を。  

muro design 
山室 美和さん

【muro design】山室美和 
カリフォルニアオフィス 7734 Herschel Ave., Suite K La Jolla, CA 92037
TEL:949-351-0713
ハワイオフィス 720 Iwilei Rd., #336, Honolulu, HI 96817
TEL:808-222-6106 
www.murodesigns.com


 

※この記事は「ハワイに住む」マガジン35号の同タイトル記事をもとに、再構成・掲載しています。

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

エージェントにお問合せ 閉じる