不動産会社詳細

株式会社カイナハレ ハワイ

ハワイ不動産 ハワイに住む夢かなえよう | カイナハレ ハワイ

  • 売出
  • 賃貸
  • バケレン
  • 物件管理
会社概要・事業内容
ハワイの不動産会社カイナハレ ハワイです。
カイナハレ・ハワイという社名は、ハワイ語のKAI(海)とAINA(土地)を合わせたKAINAと、HALE(家)から成り、「KAINA HALE」、すなわち「オーシャンビューの土地の上に建つ家」をイメージしました。業務内容は、ハワイ不動産、ワイキキ不動産、ハワイ店舗物件など不動産の売買から管理、バケーションレンタル、コンシェルジェサービスまで、ハワイ州における不動産に関する全般的な業務。カイナハレ・ハワイに依頼すれば、安心してすべてを任せられる、ワンストップショッピングできる会社作りを目指しています。

★オフィス移転のお知らせ
2019年6月1日より弊社オフィスは同じ建物DFSワイキキ ギャラリアタワーの6階から10階へ移転しました。これからもお気軽にオフィスにお立ち寄りください。


★カイナハレハワイ不動産ウェブサイト
https://www.kainahale.com/

★ハワイバケーションレンタルおすすめリスト
https://www.kainahale.com/vacation-rental

★ハワイ賃貸物件おすすめリスト
https://www.kainahale.com/for-rent/

★ハワイ最新不動産物件簡単検索ツール
https://search.kainahale.com/

★★カイナハレの不動産物件管理を満足頂ける7つの理由
1. 100件以上の管理物件数と実績
2. 24時間以内にオーナー様からの問合せを対応
3. オーナー様への入金は月〆の翌5日で対応
4. 管理書類は毎月、翌月5日~10日以内に発送
(備品購入などの経費明細も詳細を記載し書類を作成)
5. WEBサイト上でバケーションレンタルの予約状況、稼働率が閲覧可能
6. ハワイ コンシェルジュサービス/ホアロハクラブを運営
7. 明朗会計システムで幅広いサービスを提供
また、カイナハレで物件をご購入いただくと、JALのマイルがたまります!

★★ハワイ不動産セミナー開催しています
税理士法人しんかとタッグを組んで、ハワイ不動産の基礎知識から、最新ハワイマーケット情報、皆さまの様々な疑問にお答え致します。日本の各都市を巡るカイナハレの不動産セミナーは参加費無料ですので、興味のある方はぜひお申込みください。詳細はこちらをご覧ください。

カイナハレのハワイ不動産セミナー
https://www.kainahale.com/seminar/

サービス内容

不動産売買,不動産管理,賃貸(長期),賃貸(短期・バケーションレンタル),商業不動産・リース,ハワイ島(不動産売買)

所属エージェント数

5

日本語対応

OK

★三田英郎 | HIDEO MITA(R)
株式会社カイナハレ ハワイ代表
東京出身、上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒。
卒業後、船でブラジルに渡り、サンパウロの南米銀行に就職。その後在サンパウロ日本国総領事館勤務後、日本に戻り1972年から富士通に勤務。富士通在職中は主に情報(コンピュータ)の海外ビジネスを担当。富士通ブラジル(サンパウロ)営業部長、富士通イタリア(ミラノ)初代社長、富士通エスパニア(マドリッド)社長を歴任。富士通での最後の任地がハワイで、ハワイ駐在員事務所長かつJAIMS(ハワイカイにあるビジネス・スクール)副所長。任期終了後2003年に富士通を退職、ハワイに残り不動産業に転進。

フォガティ不動産に籍を置いて4年間セールス・エイジェント、2008年6月からマイランド・ハワイ社長兼プリンシパルブローカーを3年半続けた後に独立。2012年2月からカイナハレ・ハワイのオーナー社長となる。その間にコンドミニアム・邸宅・アパート・ショッピングモール・ホテル・空き地・牧場などの取引を経験、2009年にはハワイのトップ100レアルター(13位)に選ばれて表彰を受ける。海外滞在暦は、ブラジル8年、イタリア5年、スペイン5年、ハワイ18年の計36年。言語は日本語・英語・ポルトガル語・スペイン語・イタリア語の5ヶ国語を話す。

★メールマガジン『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』
https://www.kainahale.com/news/

お客様へのメッセージ

ホノルル不動産協会の正会員でハワイで売りに出ている全ての不動産物件の情報をリアルタイムで他の会員と共有しております。したがって、不動産の購入をお考えの方は当社に来ていただければ複数の不動産会社を訪問する必要はございません。詳しいご希望を経験豊かな当社スタッフに申し出ていだければ、必ずご希望にぴったりの物件をご紹介致します。

★オフィスの場所はワイキキの中心、ハワイ免税店DFSギャラリアタワー10Fですので、ショッピングの合間にお気軽にお越し下さい。

  • 得意な物件タイプ・エリア

    投資用不動産物件売買
    不動産管理・賃貸
    バケーションレンタル
    ハワイでのビジネス・サポート
    コンシェルジュサービス

この不動産会社の賃貸物件

この不動産会社のバケーションレンタル物件

お知らせ

  • 2020.07.01

    カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.156

    皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

    (ご挨拶)
    今年ももう半年を経過し、7月ですね。7月4日の米国独立記念日には例年なら、前日からアラモアナ公園のマジックアイランド内に場所を確保し、当社のお客様達をご招待して夕方にバーベキュー・パーティを開き、夜には目の前に上がる花火を皆で楽しんできました。今年は、残念ながら、その花火大会も中止となってしまいました。

    東京でのコロナ感染者数がじわじわと増えているのと同じようにハワイでも6月28日には新規感染者が27名増え、累計899名になりました。その中で、イゲ州知事は6月24日に州外からの旅行者の受け入れについて、8月1日から緩和することを発表しました。内容は、出発の72時間以内にコロナ感染検査を受け、ハワイ到着時に陰性反応を示したことを証明する書類を提示した旅行者には14日間の隔離措置を免除するというものです。

    6月27日に州外から旅客機でハワイに到着した人は1930人で、観光客はそのうち25%を占める481人だったと観光局が発表しています。1930人中、683人がハワイ住民、170人が軍関係者、93人がハワイに移住、残りの210人はハワイ経由で別の目的地に向かう旅行者でした。旅行業界では、米国本土からの予約が8月以降にやや増加しているため、一部ホテルの再開もありうるとみているようですが、一気に増える見通しは立てられず、営業の再開を9月まで待つ大型ホテルもあると見込まれています。

    日本では、失業率がそれほど高くなっていないとの報道がありますが、おそらく隠れ失業者がたくさんおられるのだろうと思います。ハワイの失業率は2020年5月では22.6%という高率を示しています。14日間の太平洋旅行者に対する隔離義務が解除されるまで失業率は高いままで推移し、今年末まで二桁の失業率が続く可能性があると見られています。2年半前には失業率2.2%と全米で最も低かったハワイ州は、現在ネバダ州に次ぐ2番目に高い失業率になっています。全米平均では5月は13.3%となっています。一方、州内の破産件数は5月の112件は前年同月の144件より22.2%減少しています。これは、コロナ禍救済のために中小企業庁が行った給与保護基金と経済災害ローンが大きく作用していると見られています。ただ、これらの連邦政府の援助がなくなり、コロナの流行が長期化すれば6月以降は失業者だけでなく、破産者も急増すると言われています。

    このところ、話題に上っていなかった鉄道プロジェクトですが、延期の情報があります。2025年に全線開通だった予定を撤回し、2026年3月に延期とされました。西カポレイからアロハスタジアム間が今年の末に開通という以前の発表も来年3月末になると修正されました。

    (ハワイの不動産の話)
    アラモアナ・センターのオーナー、ブルックフィールド社は、ショッピングモールに隣接する土地に高さ400フィートの居住用タワービル「アラモアナプラザ」を早ければ来年末にも着工すると発表しました。「アラモアナプラザ」は、コナ通りとピイコイ通りの角に建設される595戸の賃貸コンドで、ブルックフィールド・プロパティ―・パートナーズの代表は23日、アラモアナ・カカアコ近隣委員会で、詳細を発表しました。この建設予定地は、将来の鉄道駅に近く、建設基準の変更が承認されれば400フィートの高さが認められることになります。総戸数の20%に当たる119戸がアフォーダブル価格の住宅となります。来年末までに着工できれば完成は2024年半ばになる見込みとのことです。

    ワイキキ・アラワイ地区では、アラワイ通りで長年にわたり維持管理を怠って老朽化したアパートを収用する決議案が出されたとのことです。これが収用されれば改装されて低家賃住宅になるものと言われています。

    マウイ島では、キヘイに120戸の低所得者向け賃貸住宅「カイワヒネビレッジ」が完成しました。マウイ島では低所得者向けの住宅が不足しており、特にマウイ南部の不足問題は深刻になっているとのことです。

    さて、5月のオアフ島の住宅販売データが発表になりました。新型コロナウイルス感染症の影響で、一戸建て住宅、コンドミニアムともに番バイ取引数が前年を大きく下回りました。一戸建ての販売取引数は、248戸で、前年同月比22.5%減、コンドミニアムは254戸で、前年比51.2%減という記録的な落ち込みとなりました。中間価格では、一戸建て797,000ドルで前年比3.5%上昇、コンドミニアムは399,900ドルで前年比4.4%下落しました。コンドミニアムの大幅減少は、主に物件の内見をするのがコロナ規制で難しかったためではないかと言われています。6月5日からはソーシャルディスタンスを順守すればオープンハウスも可能となりましたので、取引件数は徐々に増えてゆくと期待されています。

    ★★★オンライン個別相談のお知らせ★★★
    日々状況が変化する中、日本のお客様から様々なお問い合わせをいただいております。ご心配ごとなどのご相談も寄せられています。そこで私どもで何かお役に立てることを考え、Zoomを使用したオンライン『個別相談』を行うことにいたしましたのでご連絡させていただきます。個別相談の時間は、以下の通り日本の週末土曜日の午前中のお時間にセットさせていただきました。日本時間の毎週土曜日の午前、次回は7月4日(土)です。参加費は無料です。詳細はこちらをご覧ください。

    カイナハレハワイ オンライン個別相談会のお知らせ
    https://www.kainahale.com/seminar/

    ———————————————
    カイナハレハワイ 厳選物件リスト

    ★おススメ戸建て物件
    1139 マカイワ ストリート
    価格: US$ 2,500,000.00 日本円:JP¥ 268,971,690
    JALのマイル:60,000マイル
    カハラで最高の価値のある、カハラモールワイアラエCCのすぐそば12,548SQFTの邸宅。
    https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202014293

    ★おススメコンドミニアム
    アエオ# 3706
    価格: US$ 1,380,000.00 日本円:JP¥ 148,472,373
    JALのマイル:40,000マイル
    新価格!!すべての部屋から壮大な海と街の景色が楽しめるアップグレードされたアエオの物件。
    https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202003897

    ★おすすめバケーションレンタル
    ワイキキ・バニヤン #3708 T1
    最上階37階のペントハウスです! 居心地よいゆったりとした空間を楽しめます。
    1BR/1BA、キングベッド1台、ソファベッド1台。 料金:$159~
    https://www.kainahale.com/property/waikiki-banyan-3708-t1/

    ★おすすめ長期賃貸物件
    モアナパシフィック #2401
    アラモアナSCまで徒歩7分、ビーチまで徒歩10分、夜景は抜群な涼しい山側。
    1BR/1BA 最低契約日数:1年 お家賃:US$2,400+TAX/月
    https://www.kainahale.com/property/moana-pacific-2401/

    イートン・スクエア #1609
    ひろびろ681SQFT!静かな住宅地!洗濯機・乾燥機付き!シティビューもナイス!
    1BR/1BA 最低契約日数:1年 お家賃:US$2,100/月
    https://www.kainahale.com/property/villa-on-eaton-square-1609/

    センチュリー・センター #702
    好立地!便利!書斎・駐車場付!ひろびろ390SQFT!角部屋スタジオ!
    Studio/1BA 最低契約日数:1年 お家賃:US$1,600+TAX/月
    https://www.kainahale.com/property/century-center-702/
    ———————————————

    カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。

    ———————————————
    Hideo Mita (R) 三田 英郎
    President & Principal Broker
    Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
    2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
    Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
    Email: hmita@kainahale.com
    Website: https://www.kainahale.com
    Blog: https://ameblo.jp/kainahale
    Facebook: www.facebook.com/kainahale

  • 2020.06.16

    カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.155

    皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。 (ご挨拶) 5月15日からショッピングモールがオープンし、6月5日からはレストランの店内飲食が許可されるなど、感...

  • 2020.06.04

    カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.154

    皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。 (ご挨拶) ハワイの新型コロナウイルス感染者総数は5月28日付で647人、死者17人となりました。ここ1か月では...

  • 2020.05.17

    カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.153

    皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。 (ご挨拶) 日本も含め世界のあちこちでStay Homeの規制が緩み始めていますね。ハワイでは感染者数が抑えられ...

  • 2020.05.04

    カイナハレハワイ オンライン個別相談会のお知らせ

    皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。 依然として新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な拡大が続いています。当社の仕事である不動産業は、E...

(#カイナハレハワイ)と関連する記事

企業所在地

株式会社カイナハレ ハワイ

2222 Kalakaua Ave., Suite 1001 Honolulu, Hawaii 96815

(#不動産)に関連する記事

不動産会社・
エージェントにお問合せ
閉じる