不動産会社詳細

株式会社カイナハレ ハワイ

ハワイ不動産 ハワイに住む夢かなえよう | カイナハレ ハワイ

  • 売出
  • 賃貸
  • バケレン
  • 物件管理
会社概要・事業内容
ハワイの不動産会社カイナハレ ハワイです。
カイナハレ・ハワイという社名は、ハワイ語のKAI(海)とAINA(土地)を合わせたKAINAと、HALE(家)から成り、「KAINA HALE」、すなわち「オーシャンビューの土地の上に建つ家」をイメージしました。業務内容は、ハワイ不動産、ワイキキ不動産、ハワイ店舗物件など不動産の売買から管理、バケーションレンタル、コンシェルジェサービスまで、ハワイ州における不動産に関する全般的な業務。カイナハレ・ハワイに依頼すれば、安心してすべてを任せられる、ワンストップショッピングできる会社作りを目指しています。

★カイナハレハワイ不動産ウェブサイト
https://www.kainahale.com/

★ハワイバケーションレンタルおすすめリスト
https://www.kainahale.com/vacation-rental

★ハワイ賃貸物件おすすめリスト
https://www.kainahale.com/for-rent/

★ハワイ最新不動産物件簡単検索ツール
https://search.kainahale.com/

★★カイナハレの不動産物件管理を満足頂ける7つの理由
1. 100件以上の管理物件数と実績
2. 24時間以内にオーナー様からの問合せを対応
3. オーナー様への入金は月〆の翌5日で対応
4. 管理書類は毎月、翌月5日~10日以内に発送
(備品購入などの経費明細も詳細を記載し書類を作成)
5. WEBサイト上でバケーションレンタルの予約状況、稼働率が閲覧可能
6. ハワイ コンシェルジュサービス/ホアロハクラブを運営
7. 明朗会計システムで幅広いサービスを提供
また、カイナハレで物件をご購入いただくと、JALのマイルがたまります!

★★ハワイ不動産セミナー開催しています
税理士法人しんかとタッグを組んで、ハワイ不動産の基礎知識から、最新ハワイマーケット情報、皆さまの様々な疑問にお答え致します。日本の各都市を巡るカイナハレの不動産セミナーは参加費無料ですので、興味のある方はぜひお申込みください。詳細はこちらをご覧ください。

カイナハレのハワイ不動産セミナー
https://www.kainahale.com/seminar/

サービス内容

不動産売買,不動産管理,賃貸(長期),賃貸(短期・バケーションレンタル),商業不動産・リース,ハワイ島(不動産売買)

所属エージェント数

5

日本語対応

OK

★三田英郎 | HIDEO MITA(R)
株式会社カイナハレ ハワイ代表
東京出身、上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒。
卒業後、船でブラジルに渡り、サンパウロの南米銀行に就職。その後在サンパウロ日本国総領事館勤務後、日本に戻り1972年から富士通に勤務。富士通在職中は主に情報(コンピュータ)の海外ビジネスを担当。富士通ブラジル(サンパウロ)営業部長、富士通イタリア(ミラノ)初代社長、富士通エスパニア(マドリッド)社長を歴任。富士通での最後の任地がハワイで、ハワイ駐在員事務所長かつJAIMS(ハワイカイにあるビジネス・スクール)副所長。任期終了後2003年に富士通を退職、ハワイに残り不動産業に転進。

フォガティ不動産に籍を置いて4年間セールス・エイジェント、2008年6月からマイランド・ハワイ社長兼プリンシパルブローカーを3年半続けた後に独立。2012年2月からカイナハレ・ハワイのオーナー社長となる。その間にコンドミニアム・邸宅・アパート・ショッピングモール・ホテル・空き地・牧場などの取引を経験、2009年にはハワイのトップ100レアルター(13位)に選ばれて表彰を受ける。海外滞在暦は、ブラジル8年、イタリア5年、スペイン5年、ハワイ18年の計36年。言語は日本語・英語・ポルトガル語・スペイン語・イタリア語の5ヶ国語を話す。

★メールマガジン『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』
https://www.kainahale.com/news/

お客様へのメッセージ

ホノルル不動産協会の正会員でハワイで売りに出ている全ての不動産物件の情報をリアルタイムで他の会員と共有しております。したがって、不動産の購入をお考えの方は当社に来ていただければ複数の不動産会社を訪問する必要はございません。詳しいご希望を経験豊かな当社スタッフに申し出ていだければ、必ずご希望にぴったりの物件をご紹介致します。

★オフィスの場所はワイキキの中心、ハワイ免税店DFSギャラリアタワー6Fですので、ショッピングの合間にお気軽にお越し下さい。

  • 得意な物件タイプ・エリア

    投資用不動産物件売買
    不動産管理・賃貸
    バケーションレンタル
    ハワイでのビジネス・サポート
    コンシェルジュサービス

この不動産会社のバケーションレンタル物件

お知らせ

  • 2019.03.19

    カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.125

    皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

    (ご挨拶)
    トンネル出口付近の土砂崩れのため閉鎖されていたパリ・ハイウエイですが、修復工事にはまだまだ時間がかかるとのことで、8月まで非常に制限された通行になっています。3月8日・9日・10日にはホノルルフェスティバルが開催され、日本の郷土祭りなどの紹介があり、最後はワイキイビーチ前で25分間行われた長岡花火で幕を閉じました。ハワイの観光業界では、今年のゴールデンウイークの10連休に大いに期待する声が上がっています。既にその時期の宿泊等の予約が舞い込んできているそうです。この時期に発表された大きなニュースでは、格安運賃で定評のあるサウスウエスト航空がハワイ航路に参入するとのことです。4月28日から運行開始となりますが、競合する路線でのハワイアン航空の運賃が値下げされます。これにより米国本土からのビジターが増える見込みです。ハワイ州の運輸局では、現在はガソリン1ガロン当たり16セントの燃料税を徴取していますが、ハイブリッド車や電気自動車の普及に伴い、この燃料税を廃止して、その代わり走行距離に応じて課税する制度への転換を検討中とのことです。

    (ハワイの不動産の話)
    2月の不動産統計で、ハワイ島とマウイ島での住宅販売数が振るわなかったという結果が出ています。両島とも中間価格は上昇したものの、販売取引数が減少しました。カウアイの戸建て住宅の販売戸数は26戸で前年同月には53戸でしたので50.9%減となりました。コンドミニアムの方は23戸(前年36戸)で36.1%の減少でした。ハワイ島では戸建て152戸(前年160戸)で5%減、コンドミニアムは55戸(前年60戸)で8.3%減でした。但し中間価格ではカウアイ島の戸建てで5%低下した以外は、カウアイ・コンド6.6%上昇、ハワイ島戸建て18.5%上昇、ハワイ島コンド14.3%上昇となりました。昨年末から本年1月にかけてマーケットがややスローダウンしたことが影響していると思います。ただ3月以降活況に転じているので、今後の3月・4月の結果では回復してくるものと考えています。

    詳細はこちらをご覧ください。
    https://www.kainahale.com/news/

  • 2019.03.15

    カイナハレ ハワイ不動産セミナーSPRING 2019のご案内

    2019年4月13日(土)の大阪セミナーを皮切りに、4月14日(日)福岡セミナー、 4月20日(土)名古屋セミナー、4月21日(日)東京セミナーと、不動産エキスパートの三田英郎が各都市を訪問いたします...

企業所在地

株式会社カイナハレ ハワイ

2222 Kalakaua Ave., Suite 609, Honolulu, Hawaii 96815

(#不動産)に関連する記事

エージェントにお問合せ 閉じる