導入編 2・あなたの目的からハワイ不動産を考える

導入編 2・あなたの目的からハワイ不動産を考える

更新日 2018.09.06

あなたの目的から不動産を考える

ハワイの不動産・コンドミニアム購入を考える時、最初にはっきりさせておきたいのは、購入後に、保有物件をどのように活用していくのか?目的がクリアであるほど、自分にフィットした、満足度の高い物件を探しやすくなります。まずは自分がハワイにどのように滞在したいのか?という目的を明確にしてみましょう。
 

完全移住したい

 
完全に日本を引き払い、ハワイの住人となるための購入。アメリカ国籍がある、またはハワイでビジネス投資をしてビザを取得する、アメリカ人と結婚してグリーンカードを取得する、などの永住できるための下地があった上で、完全にハワイ移住をしたい!という方。生活を移すとなると、パーキング、通勤ルート、そのエリアの物価、収納の量など、短期滞在では考えなくてよいことも視野に入れる必要があります。ちなみに、不動産を購入や、不動産投資では、ビザや永住権を取得することは基本できませんが、例外として、EB-5という永住権付きの不動産を購入する方法もあります。

EB-5についてはこちらの記事をどうぞ>

デュアルライフ、日本とハワイを行ったり来たりしたい 

「本田直之さんがあこがれ!」場所に縛られずにどこにいても仕事ができるデュアルライフを実現したいというビジネスオーナーや、フリーランスで働く方も増えています。また、お母さんと子供たちだけ、ハワイに親子留学といった、日本とハワイ2拠点持ちファミリーもこの数年のトレンドです。

 
日本とハワイとの行き来が多くなるため、ダニエル・K・イノウエ空港(ホノルル空港)までのアクセスの良さも重要です。また、リラックス環境と、仕事や勉強などに集中できる環境をさっと切り替えられる間取りがあることも重要では。ハワイでも働き収入を得る方は、就労できるビザが必要になります。 
 

学生ビザ・就労ビザについてはこちらの記事をどうぞ>

完全に別荘として保有し、自分たちだけで使いたい

自分と家族のみで、別荘・セカンドホームとして使ったり、会社の保養所として使う。いない時期は空き家として、人に貸さないため、思い立ったらいつでも好きな時に使える自由度が何にも代えがたい喜びです。何名くらいで利用することが多いのか?料理をどのくらいするか?レンタカーはするか?どんな景色が見たいか?など、使うシーンや、欲しい要件をしっかり決めておけると不動産が絞り込みやすくなります。

また、東日本震災の直後などは、楽しみのための別荘ではなく、有事の際の「避難場所」として、ハワイの不動産を保有しておきたい、という目的での購入も相次ぎました。そういう方にとっては安心、安全を実感できるしっかりしたセキュリティの不動産が必須となりますね。また、家は空き家期間が長いと傷むため、しっかりした管理会社選びも大切です。

半分別荘として利用し、半分投資として収益も得たい

自分たちのハワイ滞在時には利用しながら、残り期間をバケーションレンタルに出し、費用をまかなう、半分別荘・半分投資目的での購入。年に数回、高級ホテルにリピートステイするようなハワイ好きのファミリーであれば、考えてみる価値が大です。ハワイではそれほど利回り的に「おいしい」物件がごろごろしているマーケットではありませんが、自分の好きな時期の予約を早めに押さえたあとは、利益を生んでくれて、しかも「ハワイに不動産を持っているオーナーとしての喜び」も味わえるんだったら、アリ!という方が増えています。この場合、バケーションレンタルとしてなるべく「空室が出ない」で回る知名度のあるコンドミニアムやホテルコンドミニアムを選ぶこと。通常の住居用コンドミニアムでは、30日以下の貸出ができない物件が多いため、物件選びは慎重に。

完全投資型として利回りを取りたい

海外不動産への投資、分散投資、節税対策として取得。長期賃貸でハワイのローカルファミリーに貸し出す戸建やコンドミニアムなど、自分が使いたいかどうかは問題でなく、賃貸ニーズの高いエリアでの購入、たとえば人気のある学校区に近い、アメリカ軍のミリタリーのファミリーが多く住むなど条件が揃うことが、利回りのよい物件探しを行うことになります。

日本での節税メリットをねらいたい

古い物件でも価格が落ちないハワイ不動産を取得し、日本での減価償却による節税をねらうための購入。日本での建物の法定耐用年数は、鉄筋コンクリートRCで47年、木造建築で22年となっています。築年数が法定耐用年数を超えた物件に関しては、建物価値部分を、RCは9年間かけて1/9ずつ、木造なら4年かけて1/4ずつ損益として税務上処理し、日本の所得から差し引くことができるというスキームが使えるのです。この節税メリットを享受するためには、建築の構造を確認、耐用年数が古い物件を選び、建物価値比率の高い物件を選ぶなど、複数のチェックポイントがあります。(ただし、海外不動産に関する日本の税法が変わるのでは・・?という噂もありますので、専門家にご相談を。) 


 

ハワイ不動産に対してご自身の目的がまずはクリアになっていること。
それが、ハワイの不動産探しの第一歩です。
 

つぎはあなたのライフスタイルから、ハワイの不動産選びを考えてみませんか?

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

不動産会社・
エージェントにお問合せ
閉じる