ハワイの不動産会社・不動産エージェント(リアルター)一覧【あなたに合うハワイの不動産会社・不動産エージェント選び】シリーズインタビュー

ハワイの不動産会社・不動産エージェント(リアルター)一覧【あなたに合うハワイの不動産会社・不動産エージェント選び】シリーズインタビュー

更新日 2019.08.08

「ハワイに住むネット」編集部が、日本語のできるハワイの不動産会社や不動産エージェント(ハワイではリアルターと呼ばれます)をまとめました。


ハワイでコンドミニアムが欲しい、別荘が買いたい、と思ったとき。
ハワイ不動産購入を考えたときに、物件検索よりも先にまず最初にすべきなのは、「あなたに合う不動産エージェント探し」である!と「ハワイに住む」ネットは考えます!


なぜでしょうか??そこには、日本とは違うハワイの不動産取引方法が大きく関わってきます。
ここで【ハワイ不動産取引の基礎的なルール】を説明します。

  • ハワイ中の不動産物件は一元管理された同じデータベース上で管理されているので、どのエージェントでも紹介できる物件は同じ
  • 不動産会社に問合せをしても、その会社に所属するエージェントひとりがあなたの担当として付くのは同じ。
  • ハワイの不動産物件を買う場合、必ず、あなたの担当エージェントを交渉代理人を通して買う必要がある。つまり、買い手とエージェントは2人で1つのチームを組む
  • 不動産売買時の、エージェントへの手数料は売り手側が負担し、買い手は払わなくてよい。(通常、成約した価格の6%。売り手・買い手の両エージェントで、3%ずつ分けあうことが多い)



このようなルールだからこそ、あなたと相性が合う、あなたの交渉代理人として信頼できるエージェントを見つけることが大事なのです。「どんな人がいるの?」「どんな人が私に合っているの?」と思ったら、読んでいただきたいのがこのインタビューシリーズ。日本語のできるハワイの不動産会社・エージェントのみなさんに、どういった経歴を持っているのか、得意な物件タイプやエリア、過去の実績、仕事ぶりなどを、それぞれの会社やエージェントに、じっくりとインタービューしました! 





























関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

不動産会社・
エージェントにお問合せ
閉じる